猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
折り合い /『蟲師』
2005/10/31(月) 00:45 
 ■ 今週(#02)の感想
 こういう作品に、“意味づけ”をしながら見るのはナンセンスなのかもしれません。とはいっても、やはり「異界」が題材、それと人との関わりに注目してしまうのは作品の方向性からすると間違ってるわけでもないだろうと思います。

 蟲の世界はべつに特殊な世界というわけではなく、そこに“ただ在る”ものという気がします。
 しかし、異界を覗くことのできる人間とそうでない者との間には、明確な世界の違いがあらわれるのです。

 ボクは「もっけ」という作品が好きなのですが、やはりこれも「見えてしまう」姉妹の話が中心になっています。彼女たちはその世界を否定するわけではありません。やがて自分たちの祖父と同じようになっていくのでしょう。この「蟲師」のギンコは、「もっけ」でいえばおじいちゃんに当たるのではないでしょうか。

 ギンコも、蟲を退治しようとか、人に理解させようとか、そういった行動はとりません(あくまでも第2話まで見たボクの主観です)。彼らに共通するのは、「いかにして折り合いをつけるか」という思想ではないかと思います(第2話では実際に蟲を退治していますが、それもまた“折り合い”のうちかと)。

 今回のあの少女・スイは、人の喪ってしまった「目」の能力でもって蟲を見ます。通常の目を瞑じて。
 それは、蟲という概念で語られてはいますが、その意味するところは“内向”でしょう。人が社会の中で暮らすには、その能力は不必要なものです(他人からすれば、それは“病”です)。

 「もっけ」は、見守られるのは瑞生(みずき)と静流(しずる)の姉妹です(そういえば、この姉妹のネーミングは水木しげる氏からという話ですね)。彼女たち自身が憑かれたりすることもありますが、周囲で起こる怪異な物事を彼女たちの視点で語らせる手法で、ふたりの成長も物語の面白さに組み込まれています。
 しかるに、蟲師は見守る側(もっけでいえば、おじいちゃん)の、固定の視点しかないところが特徴なのですね。


 その意味では、こちらも第2話でようやく視聴のスタンスがわかったような気がします。

 第1話の感想で、ボクはこの作品を「素材の良さに寄りかかっているだけ」と評しました。もう一度「もっけ」と比較しますが、あちらは主人公たちが異界のものと“折り合い”をつけて生きていけるようになる(言いかえれば、おじいちゃんに近づいていく)過程が描かれているわけで、やはり蟲師とは大きく異なります。もちろん蟲師にゲスト的に登場するキャラクターたちもその役目を負っているのでしょうが、なにより積み重ねがありませんから薄くなってしまうでしょうね。

 ま、逆に言えば料理されてなくとも、その素材さえ良ければ充分食するに値するわけですから、この作品もそういうものだと思えば悪くないかな、という気がします。そういう“折り合い”をつけて見ればいい、ということか(^_^;。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/98-47455fb1
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さん 「(アニメ感想) 蟲師 第2話 「瞼の光」」
第一回が放送されるやかなりの反響があったこのアニメ。そういう私もこのアニメの不思議な魅力にすっかりはまってしまいました。今期はノーマークでも面白いアニメがかなり多いです、ひょっとして過去最高かもしれませんね。さて、今日はどんなお話しを見せてくれるのでしょ
2005/10/31(月) 08:54:28
時間の無駄と言わないでさん 「『蟲師』第二話」
今週もハイクオリティー。面白かったです。「ビキ」って名前は凄いね。日本人のネーミングセンスじゃないよ。ギンコに「驚きすぎ」って言われてたけどアレはビビるよねぇ?眼ぇ無いし、液体びゅば~だし、眼ぇポロリだし、ダイレクトに移植だし。しかし怖いね、....
2005/10/31(月) 15:45:24
-pd-blog-さん 「『瞼の光』」
ビキが可愛かったvV(萌えるショタ魂原作読んだ記憶がおぼろげだから、もう一度読み直したいけど先立つものがない・・orzしかし、このアニメは世界観が綺麗で素敵vでも、グロいからこの時間帯?んー、深夜枠にしたってもうちょっと・・。
2005/11/01(火) 16:27:44
下弦の憂鬱さん 「蟲師 第2話」
闇の中の光。太陽を肉眼で視てはいけない様に、その光はヒトの眼を貪る。アフタヌーン四季賞を得て、「蟲師」連載の契機となった話。原作ではギンコにヒゲがあるらしい。
2005/11/01(火) 17:31:12
コメント
この記事へのコメント
もっと気楽に観りゃいいのに。
大変だね。
2005/10/31(月) 01:09:31 | URL | 蟲 #RpRZ5X7E[ 編集]
● まさに
おっしゃるとおりで(^_^;。
……では。

「スイたん萌え~('¬'*)!」
2005/10/31(月) 01:57:25 | URL | まいら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。