猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えるものと見えないもの /『絶対少年』
2005/10/23(日) 02:20 
 ■ 今週(#22)の感想
 ボクは根本的に単純なので、1話完結しろとは言わないけれど、30分1話のエピソード単位で、「この話はこういうことだった」というのが解らないと、自分にはつらいのかな、と漠然と思ってたんですよ。

 ところが、この「絶対少年」はそれが当てはまらないことに気づきます。
 正直、毎回その都度感想を書くことが不可能なのです。実際よく解らなくて(^_^;。

 それなのに、毎週続きが楽しみで観てしまうんですね。

 今回は、理絵子ちゃんがよかった。
 曇りがはれた、というのとはちょっと違うかもしれませんが、少なくともいろんなことや人と向き合うことができるようになったのは喜ばしいことかと。

 まあ、マッキーにはかわいそうなことになりましたけど(^_^;。それでもこないだなんかは、理絵子ちゃんて自分が友だちと思ってた希紗や成基にされて悲しい気持ちになっていた、まさにそれと同じ仕打ちをそのままマッキーにしてたわけで……真正面から人と言葉を交わすことができるようになったというのは、残酷な面も含めてのことですけど、良いことなのかなぁ、と思わんでもないです。

 歩が、阪倉との電話の最初ではTVのつけっぱなしで音声も絞ろうとしてないんですが、会話の最後でスイッチを切るのも、それと同じことの象徴的な描写なのかも……。

 この作品は冒頭からずっと携帯などのメールというツール(あるいは、電話もそうか)が使われています。“コミュニケーション”もテーマのひとつなのでしょう(今日、はなさんも言ってましたが、それそのものの糾弾ということではなしに)。

 見えるものと見えないもの。
 メールや電話ではその人のすべては見えないし、直接会って話したって、理解できないものは理解できない。
 人の心は、見えないもの、なんですね。

 そのあたりに、マテリアルフェアリーの謎が引っかけられているよーな気もするんですが……やっぱりよくわからん(^_^;。
 よくわからんが、観てしまうんですよ。ふしぎな作品だぁ。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/82-6b455e5d
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。