猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴鹿の奇跡
2005/10/10(月) 00:03 
 ■ F1 Rd.18 日本GP
 いやあ~、面白いレースでした。少なくとも今季最高!
 ……琢磨のことがなければ orz

 今年のアロンソは強く、たしかにチャンピオンになる器であることは証明されているのですが、まさかあの鈴鹿の130Rで、皇帝シューマッハーをぶち抜くとは(;´∀`)!
 97年に初めて現地でアーバインの逆バンクでのオーバーテイクを見たときも驚きましたが、今回のアロンソのトライにも度肝を抜かれました。長年F1を見ている人なら、あれが伝説に残るシーンであろうことが理解してもらえると思います。

 世代交代を象徴するかのような、見事なオーバーテイク。
 燃料差はたしかにありました。しかし、130Rでオーバーテイクなど、あり得ないですよ(・∀・)!
 あれを見たら、もうアロンソのチャンピオンに文句をつける気などまったくなくなりますね(^_^;。ぐうの音も出ないとはこのことです。まさに力で、皇帝をねじ伏せたといった説得力。あれには震えました。

 鈴鹿というのは本当になにが起こるかわからないですね。
 ボクが初めてF1を見たレースが、90年の鈴鹿で、その時もやっぱり1コーナーでセナ・プロストが消え、途中でマンセルも脱落。ベネトン1-2の上、鈴木亜久里が3位表彰台という劇的な幕切れだったのです。

 ほとんど最後尾からスタートしたライコネンが優勝という結果も、これもまさかの結果(^_^;。最後の最後、ファイナルラップに突入した1コーナーでフィジコを抜いたアイスマンですが、その前にシューマッハーも差してます。シューのブロックもなかなかでしたけど、ライコネンのあの見切りもすごい。

 99年のハッキネンの走りを思い出しました。その直前のモンツァで、自分のミスでリタイヤし涙に暮れた彼は、プレッシャーに打ち勝ち、誰にも文句は言わせないぞ、というほどの走りをこの鈴鹿で見せて見事2年連続チャンピオンを決めたのです。
 走りから伝わってくるものがありました。
 今日のレースでも、若いふたりの気魄はものすごかったと思うのです。ま、ふたりとももう失うものがないからでしょうけど(^_^;。友人が「リミッター解除!…ってカンジ」って言ってましたが、まさにそんな風(笑)。


 琢磨は最初の1コーナーへの飛び込みでコースオフし、その後トゥルーリに無茶なオーバーテイクを仕掛けてペナルティまで喰らい、モントヤも脱落、タイヤの摩耗に苦しんだフィジコは優勝を逃し、フェラーリもポイントがやっと。
 本当に、今シーズンの縮図を見ているようでした。

 結局、後退してったチームのドライバーは、自力で抜くシーンがひとつもなかったですよね。バトンが5位で終わったのはむしろ当然なくらいです(給油口トラブルがあったにしても)。

 その中で、すさまじいまでに活き活きとした走りでもって予選の不利をはねのけ、他を圧倒して結果を出したふたりの若者。ライコネンとアロンソ。久々に面白い、と素直にいえるレースを見せてもらいました。


 昨日の予選で琢磨に微笑んだと思われた鈴鹿の女神。
 今日の琢磨は結果からいえばさんざんでした。

 しかし、考えてみるとあの1コーナーのサンドトラップから脱出できたのもラッキーですし、接触したトゥルーリのマシンが大破してるのに琢磨のマシンが無事に走り切れたのも僥倖といえなくもないような気がします(^_^;。
 ただ、やっぱアロンソやライコネンと比べると、役者が違うというカンジしますね……。琢磨のオーバーテイクは無謀、というよりお粗末にすら見えてしまいます(T_T)。トゥルーリとの接触シーンはチラリ、としかTVには映りませんでしたが、見た瞬間に「やりすぎ!」と思いましたもの。審議になったと聞いたときには「やっぱり……そりゃそうだな(-_-;)」と特に驚きもしませんでした。

 来季につなげるために、この2戦の結果は特に大事だったはずの琢磨の、明日はどっちだ!?

 そして鈴鹿の神は、ホンダのライバル・トヨタにもいたずらを仕掛けました。
 序盤の存外に長かったセフティカーのおかげで、3ストップの軽さを活かして後続を引き離そうとしていたポールシッター・ラルフの作戦は見事に失敗に。

 いずれにしても、近年まれにみる、見どころの多いレースでした。
 録画は永久保存ですね(・∀・)!


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/57-725b66ee
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
ライコネン優勝おめでとう☆終始手に汗握るレースだった。ドキドキしっぱなしよ!昨日の豪雨が嘘のように晴れ渡っている。鈴鹿に響くV10エンジンの爆音が最後のレースとなった。フォー
2005/10/10(月) 08:05:12
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。