猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1チームを運営してみる
2005/09/03(土) 08:21 
 たまーに引っ張り出してきて繰り返しやってしまうゲームって、ありませんか。ボクにとっては『F1 チーム運営シミュレーション』がそれに当たります。

 ボクがやっているのは「2」なのですが、なにせ97年の作品なのに、いまだに1年に1回くらいやってるんです(笑)。買ったのは98年頭。むろん初代のPSの頃のゲームです。未開封のものを980円で買いましたから、充分すぎるほど元は取ってます(^_^;。

 なにが面白いかって、F1チームのボスとなってチーム経営をやるっつーのが燃えるじゃありませんか。エンジンの選択、タイヤチョイス、ドライバーの起用……全部がこの自分の采配ひとつで決められるんですよ。

 以前海外のメーカーの作ったPCゲームの日本語版を見つけて、こりゃいいや、と飛びついたことがあるのですが、やたら細かすぎてついていけなかったことがあります。このPSのゲームはそれに比べるとヌルくてちょうどいいんです。




 ただこのゲーム、それでもかなりマニアックです。しかも、最初がメチャしんどい。
 最初の1年は比喩でなく、ミナルディのチームオーナーになった気分が味わえます(笑)。予選はもちろん最下位だし、マシンの信頼性も低いから途中でガンガントラブルが起きるし。
 最初のうちはお金がないので、開発できない、テストも出来ない、速いドライバーも雇えない……といったカンジでとにかくツラいです。耐えて耐えて、まず完走回数を増やすと。いや~~~、マゾゲーですな(^_^;。

 2年目は多少楽になって、一応開発とかもできて後半戦では速い方のドライバーが10位完走できたりと進歩が見られるんですが、3年目4年目がまた苦しいんです。銀行からの借り入れ金を返済したら予算ほとんど残らないし、ぜんぜん金がなくてシーズン中1、2回開発できたくらい。マシンのポテンシャルは100%に達かず、「来年に備えるか」というまさにどっかの弱小チーム状態(笑)。苦楽を共にしたドライバーを、金回りがよくなったんで次の年にはすげ替える、ということを自分もやってしまいましたが、これもチームオーナーになってみればその気持ちも分かるというものですよ(^_^;。




 昔からのF1ファンの人なら、今はすでにF1で走っていないドライバーとかが使えちゃったりするので燃えるかもしれません。マンセル、パトレーゼ、グージェルミン、チェザリス、ベンドリンガー、等々……。セナなんかもいます(彼はこっちからは雇えないのですが)。

 今回は、この前にやった時よりも微妙にチームの成長が早いみたいです。参戦4年目の第13戦のイタリアGPで初入賞、その後5年目(75戦目)でついにファーストドライバーのブルツが初優勝です(^^)!




 自分で車を走らせるF1ゲームもいいけど、たまにはこういうのもいいですよ。慣れれば1レース15分~20分でできますので、息抜きにもいいですし、セッティングとか車の知識なくてもF1のルールやシステムが分かっていれば楽しめます。中古でしかたぶん手に入らないかとは思いますが……(^_^;。(96年版の「1」は、1500円のシリーズで出てるみたいです)

 戦略的な要素はないに等しいので、このゲームをやるにあたって、上手い下手は関係ほとんどありません。アクシデントなどの起きる要素はたぶんランダムに近いので、オーナーの決断の当たる当たらないも運ですねこりゃ。地道に続けてれば必ず勝てるので攻略もへったくれもないし。
 単純に自分のチームを持ち、お気に入りのドライバーを擁してグランプリに勝つぞ、という、そんなオーナー気分を味わうためのゲームであることは確かですが、それだけにPCゲームの煩雑さがまるでない、このぬるさがちょうど良いわけです(^^)。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/5-a16f3070
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。