猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大草原の小さな天使 /『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』
2005/10/04(火) 21:13 
 ■ 最終回の感想
 最終回、マーフィを放す子供たちを大人たちが距離を置いた後ろの方でなにも言わずに見守っているところが良かったですね(子供たちの方の演出はありきたりでどうということもなかったですが)。


 序盤からずっとミッキーが「うぜー('A`)」と思ってて、それでもまあそれなりに面白いので観てました(^_^;。

 ミッキーはジャッキーやテンボを命の危険にもさらす旅に送り出すことになる大事件(ブッシュベイビーのマーフィを外国に連れ出す許可証を、マーフィと別れたくないあまり隠してしまう)を起こした上、ジャッキーとテンボの逃避行(各方面の誤解と密猟者の追跡から結果的にそうなった)にいっしょについてくる、とまで言い出します('A`)。

 マーフィを「やっぱり自然に戻そう」として訓練を始めるジャッキーに対し、ミッキーは未練タラタラ。勝手にエサをやってみたり、とにかくこいつさえいなかったら、と思うことが多々ありました(というか後半はほぼ毎週(^_^;)。
 ま、彼がいなかったらこの物語はなんのスペクタクルもなく、最初の2クールで「終了~」だったわけですけど(笑)。
 ですから途中で彼が怪我のために脱落した時は、 ヽ(´▽`)ノ

 そんなウザいデブの男の子であるミッキーへのジャッキーの態度は、あり得ないくらい寛容でした。もちろん彼に対して怒ったりもしてますけど、基本的に成熟した女性では、とさえいえる精神的ゆとりが。ホント、ジャッキーは大草原の小さな天使や。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/46-3c55c2be
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。