猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
『アマガミ』メイド服の七咲♪
2010/08/21(土) 12:22 

『アマガミSS』は七咲のエピソードだけ、ちゃんと観ようと思いますが……。

 今回のCG新作は、「もし七咲がメイド服を着てくれたら」というifを絵にしてみました。ボク自身はほとんどメイド服を描かない人で、メイド喫茶などにもあまり興味がありません(自分が執事のカッコをしてみたい願望はちょっとあったりするけど)。しかし、メイドさんはともかく、メイド服を着た女の子が可愛い、というのを否定はしません。現に、ウチにもセイバーとルリルリのメイドver.フィギュアが飾ってあったりしますのでね。


【クリックすると大きな絵が開きます】

 こだわりのある人に言わせると、ミニスカートは邪道だとか、メイド服にもいろいろあるようですね。自分的には長すぎず、短すぎず、という今回の絵くらいのが好きです。まあ、頭身とか、脚に穿くストッキングの長さとか、絶対領域とかの要素もあるので一概には言えませんが、「アマガミ」のキャラクターの場合は多少頭身高めでも許される(と思う)ので、“スラッとしたカッコ良さ”を目指してバランスを取りました。

 メイド服のカラーについては、オーソドックスな黒がベストですが、思いつきで色を替えてみたら、明るいブルーもピンクもなかなか可愛いカンジです。特に、ブルーはいわゆるアリス的なイメージがありますね。ストッキングもタイツ風に純白にするとベストマッチング('¬'*)。

 七咲、といえば猫のイメージ。下絵段階ではオプションとしてネコミミにもチャレンジしていたのですが、どーもボクはネコミミがバランス良く可愛く描けないもので、今回は見送りました。


 今回は以前から友人に勧められていた、PC上でのクリンナップを課題として作業しております。下描きもすべてPC上で行うのが理想なのですが、さすがにいきなりそこまで実践するのはムリなので、上半身だけ描いたモノを取り込んで、そこから先の作業をPCで行いました。A4用紙一杯に描いた上半身の絵を、全身が入るようにキャンバスを広げ、アタリを取って清書。こうしたエリアのフリーさはたしかにPCの長所ですね。

 トレーはラフ段階でだいたいの大きさを出しておき、photoshopの円形範囲選択などを使って主線を作っています。ケーキやティーポットなどは資料を見ながらSaiの鉛筆ツールでフリーハンド描画。それ以降の塗りはいつもと同じ手法で行っています。

 実はボクは未だにWindows Xpとphotoshop5.5Jを使っているのですが、Windows7以降ではphotoshopが使えなくなる可能性があるため、今の方法論のままどこまでSai上でやれるのか、ということもテーマとして試行しました。選択ツールのワンドのキーボードショートカットの設定をどうやったらいいんだ……とかしばらく悩みましたけど、一応解決。いろいろやっている間にSaiがいつの間にかVer.1.1になってたことに気づいた……。

 感想としては、前述の円形範囲選択から境界線を描く、とか細かい作業をどう代替するか、といった問題が解決しないので、すぐに100%移行というわけにはいかなさそう、といったところです。あと、スキャナで線画を取り込むのもどうやったらいいかわからんし。今回使った機能でいえば、他にもパターン定義での塗りつぶしと、複数レイヤーの不透明部分をサクッと選択するやり方(めんどくさいやり方ならすぐ思いつくんだけど)とかが不明かしら。まだまだ研究の余地がありますね。

 これでもSaiがそれなりに使えているのは、Painter6と主要なショートカットやインターフェースが共通or似ているからです。Painterの代替ツールとしてはSaiはほぼパーフェクトじゃないでしょうか。次の絵ではもうちょっとSai依存度を高めることに挑戦してみようと思います。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/424-cda1df19
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する