猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏戦争
2010/07/28(水) 16:40 
 ● 映画『サマーウォーズ』感想

 先日『サマーウォーズ』を視聴しました(といっても、かなり前……DVDレンタル開始当日でした)。最近のアニメ映画は「時をかける少女」や「マイマイ新子」など、一部で人気を博しているようですが、なぜか自分はピンと来ません。

 もちろん悪い作品ではありませんけどね。「サマーウォーズ」に関しては、ヒロインがヒロインとして機能していないのが最大の問題のように感じました。せっかくの貞本デザインが、本編の作画で台無しになっているのも含めて、「学校で最も人気のある先輩」というヒロインの美少女設定が説得力を失っています。

 アニメの美少女キャラというのは、顔か声かのどちらかが美しければ、あとはどうとでも脳内で補完できる余地があります。ところが、夏希さんの場合はその両方が残念なことになっていました。

 それだけでなく、性格にもかなり問題があります。後半の事件解決のプロセスの中でも、取って付けたような花札シーンがあるだけですし、ラストの主人公への傾倒も、いわゆる“ご褒美”的な使われ方で感激もなにもない。

 広大なネットの世界で戦っている、という設定とか概念は分かるんですけど、リアルの出来事はほぼ「家(家族)」の中ですし、「ボクのID使って」という世界中の人の気持ちが、非常に仮想的でよく分からない。あそこが本当なら感情が盛り上がるシーンなんだと思うし、あのネット内世界のその他大勢の人=映画を見てる観客、として気持ちが一体になるはずのところなんですけど、それこそ感情移入できなかったんですよ。

 真にヒロイン的役割を果たしていたのは佳主馬くんですし、あえていうなら、おばあちゃんもです。従って、全体としてはギリギリ映画のストーリーを崩壊させないところでまとめていますが、だからといって決して絶賛されるほどの作品ではない、というのが感想です。

 絶賛されている作品といえば、『エヴァ破』についても言いたいことはあるんだよなぁ(^_^;。劇場には2回観に行ったし、Blu-rayも買いました。面白かったです。面白かったんだけど、ね。

「おまえらの見たかったエヴァって、こんなのだろ!」「はいそうです!ヒャッホー!」的な単純さというか、薄っぺらい少年マンガ的ノリを喜んでいるというか……。そういう自己嫌悪をちょっぴり感じました。

 ……自分でもずいぶんひねくれてるとは思います(^_^;

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/420-81ce9cd8
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。