猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルメット カスタムペイント(6)
2010/04/16(金) 00:00 
ヘルメット オリジナル塗装

 みなさんこんばんは。オリジナル塗装ヘルメットを作ろう企画、6回目の今日は、赤の塗装第2回目です。

 写真はマスキング途中のもの。一本一本のラインは、平行なようでいて、頭頂部の上に延伸したある1点に集約するような形になっています。どの角度から見ても自然になるように、ミリ単位のオーダーで角度を修正しながら位置決めをしていきます。

 耳当ての部分のカバー周辺は、隙間が意外と広いので、塗料が隙間から吹き込まないように厳重にシールします。一部にはマスキングゾルも使用しています。そして塗装を実行。塗ったらお仕事、それを終えたら次の作業にかかる、というように乾燥に要する時間を無駄にしないようにすることも必要ですね。

 乾燥を終えてマスキングを剥がしたところです(左写真)。黄色ラインの隣にある赤の下端を、設けるべき隙間をうっかり忘れて真っ直ぐ下ろしてしまいました(緑との間)。これは後でリカバーしないと。

 ちなみに作業のための“足”として、ヘルメットの中にティッシュの空き箱を突っ込んでいます。これはそのまま人間の首に支えられた時の角度になるので、バランスをみるためにも必要です。それだけでなく、持ち運びする時には、バイザーの開口部から手を突っ込んで、右写真のように箱をガッシリと掴むと便利(笑)。

ヘルメット オリジナル塗装

 頭頂部の青模様と、赤のラインの織りなすパターンを上から見ると、こんなカンジ。オリジナルと比較しても、悪くないのではないでしょうか。かなりの部分でエアロパーツを跨いでいますが、その割にはうまくいったかと(自画自賛)。

 後頭部からのビュー(左写真)。側面下部のダクトも、一応内部まできちんとマスキングしたおかげで、塗料の入り込みは不十分ですが、外から見た時にはほとんど気にならない感じで塗装できました。緑色がちょっと垂れた感じになっているのは、ちょっとしたミス。後でリカバーを要する箇所です。

 もうちょっとで基本となる塗装が終わりますね。今宵はここまでにいたしとうございます。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/408-ccef7e88
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。