猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ感想 視聴完了作品(~08年秋)とか
2008/11/12(水) 04:30 

 今回は、見終わった作品についての感想を。ちなみにまだいくつもの作品が溜まったままですが……。

■『ストライクウィッチーズ』

 なんだかんだいって7月の新番組も結構見ました。見ない、と宣言したものも結局最後まで視聴してしまったり……化けたのは、やっぱこの『ストライクウィッチーズ』でしょうか。あんなにあざといほどキャッチーでありながら、ドラマ部分もしっかり作り込んでいて好感が持てました(^^)。

 最初、キャラ多すぎ! と思ったんですが、ちゃんとエピソードの中でそれぞれのキャラ立てやってましたしね。個人的にはエイラの雰囲気が大好きです。キャラクターの方の空戦アクションを、CGでやらずに手で描いてくれたのがホントよかった。

■『我が家のお稲荷さま。』

 絶賛、というのとはちょっと違いますが、作品的に一番肌に合ってたのはこの作品でしょうか。

 ラストでは、彼の一族に長い間封印されていた天狐の心を想って、彼女(彼)の代わりに怒りをぶつけてくる同じく狐の玉耀のエピソードでしたが、これがまた胸を打ちます。玉耀の気持ちも分かるし、恨みなど持っていないんだよ、という天狐さまの微笑みが、この作品全体に溢れる“優しさ”を象徴してたようなカンジです。

 兄弟の弟・透くんがホントにいい子でねぇ~(CVの嶋村 侑さんも良かった)。あと、あんまり関係ないですが、天狐さまが狐姿でいる時の、あの首もとのフサフサに触ってみたい。

 お稲荷さま。のオープニングはイントロの琴の音?みたいなのがシングルバージョンには入ってなくて残念、と思ってたら、サントラに入っていたTVサイズの方にはちゃんと付いてて「よっしゃ」と思いました。さらに、新しいエンディングがシングルカットされないので、キャラソン集CDも買いました。六瓢ちゃんの歌が超可愛いのですよ(^^)。

 せっかくのキャラソン集なんだから、透&昇兄弟や、佐倉の歌とかもっといろいろ欲しかったかも。ちなみに新ED「シアワセの言霊」はお気に入りでヘビーローテしてますが、この曲を聴くと、同時に『絶対可憐チルドレン』の最初のEDを思い出すんですよね。どっちも大好きですが。

■『コードギアス 反逆のルルーシュR2』

 文句なく面白かった、といえる作品でした。最後までキャラに感情移入ができませんでしたし、お気に入りの女性キャラが1人もいないままでしたけど……それにも関わらず面白かったというのがスゴい。綺麗な幕の引き方も良かった。

 終盤の、黒の騎士団のグダグダっぷりや、ナナリーの○○っぷりなどを見ていると、“無知”であるレベルが高いほど人間は愚かしい行動をとる、ということがよくわかります。

 いろいろな情報を得て、的確な判断をしているルルーシュやシュナイゼルですら“驚愕”する事態が頻発する作品だったわけで……しかも、自分の状況の不利をギアスでねじ曲げられるルルーシュですら、ですよ? しょうがないとはいえ……本当に、一番ヒドかったのはナナリーですな。

 やっぱ、キャラ的に一番好感が持てたのはジェレミア卿以外ないな!

■『鉄腕バーディー DECODE』

 安定して面白かったと思います。そつがない、というか。アクションが小気味良いのが見てて気持ちよかったかな。

 ちなみにバーディーの地球での仮の姿・有田しおんは出渕さんの“思いつき”ネタが元だという話ですが……彼女が出てきたの序盤だけで、アレって本当に思いつきだったんだなー、と思いました(^_^;。

 予告通りサントラは買いました。メインテーマは実に名曲です。

 カンケーないですが、この作品によく登場した地下鉄・丸の内線は、よく使っているのですごい親近感(笑)。ま、いかに深夜とはいえ、終電が残ってる時間帯の新宿駅地下が、あんなに閑散としているわけはありませんが。

■『恋姫†無双』

 フタを開けてみたら意外に面白かった、というのがこの作品です。ことあるごとに嫉妬したりふて腐れる、子供っぽい鈴々(張飛)が終始可愛かったですね。

 馬超や趙雲も良いキャラでしたし、なんかこう、全体的に見てて楽しかったのです(^^)。OPの歌も結構好きでした。

■『一騎当千 Great Guardians』

 展開はオーソドックスでしたけれども、安心して見れる良い作品でした。シリーズをまともにチェックするの初めてでしたけど。

 どのキャラもバランス良く描写されていましたが、やっぱ人気の関羽と呂蒙が優遇されていたカンジですね。関羽が予想に反してオモシロ可愛いキャラだったのは収穫。

■『セキレイ』

 本編を全話見ましたが、自分たちの戦いメインではなく、知り合ったペアを“逃がす”ための戦い、というのがこの作品らしいところかな、と感じました。実をいえば、くーちゃんのリアクションにだけ注目して見てましたが……(笑)。

 くーちゃんのキャラソン「みどりのメロディ」(CV.花澤香菜さん)も可愛いですよねー(^^)。

 


 こっからは、最近のアニメ感想になります。

■『とらドラ!』 #03~05

 いやぁ、素晴らしい作画ですね! たまに大河が妙にいとうのいぢ絵っぽくなるところとか、超イイ(笑)。そして前言撤回。実乃梨(みのりん)も変なキャラですがキライじゃないです(^^)。

「盛るぜぇ~、超盛るぜぇ~」

 腹黒キャラ・亜美ちゃんは、本当なら救いようがない嫌われキャラのはずなんですが、登場直後から竜児ほか主要キャラに手の内がバレている、というところで視聴者的には「かわいそう」的な俯瞰の見方ができるわけで(同情的な意味ではなくて、哀れみ的な意味で)。

 さて、亜美ちゃんが4人の中に加わることで、どう展開していくのか……相変わらずこの作品は先がまったく読めん(^^)!

■『かんなぎ』 #05~06

 貴子先輩の本領発揮! メイド喫茶に行く話です。この作品、たまにオタ系のネタが混じる時があるのですが、「らき☆すた」とかとは違って、一般人視点の方を重点に描写してるせいか、なんかフツーに見れてしまいますね。同人誌作る話や、最新刊の学祭のエピソードもそうですが。

 なんでもないよーな話を、これだけ嫌味なく自然に見せてしまう演出は、やっぱ高等なんでしょうな……。どこぞの白虎が残念でなりませんよ。

■『今日の5の2』 #06

 雨の降る公園で、どろんこになって遊ぶエピソードでは、みんな良い動きしてましたね。ナツミちゃんはどーしても、おっぱい見せたくてしょうがないらしい('¬'*)。真っ平らですけど。

■『屍姫 赫』 #04~05

 「明日のよいち!」のいぶきもそうですが、頭にでっかいリボンの女の子って……ビジュアル的にかなり痛いなぁ。

 OP&EDは今季のアニメの中で一番気に入ってるかも。シングル予約しましたぜ!(^^)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/387-4e25bac2
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。