猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
今週の 『天保異聞 妖奇士』(#12)
2006/12/25(月) 02:39 
 「往壓!」
 「ユキアツッ!」

  あああ~、ゾクゾク来ますねぇ(*´д`*)。先走ってひとりで妖夷の群れに立ち向かう往壓を心配したアトルが、彼を追いかけていくあたり……。もっと往壓さんの名前、叫んだげてっ(笑)。

 Aパート終了直前の立ち上がるカットとか、作画もなかなか良かったですし、予告編では禿(かむろ)のカッコで往壓にお酌してるし! 往壓がリラックスしてる風なのがまた和みます。ふたりにはこの調子でずっと行ってもらいたいモノですが、さて。

 毎回、演出がミョ~なカンジなトコがありますが(冒頭のアビ&元閥とか)、それもそのうち味になっていくんでしょうかね(笑)。いや、好きですよ(^^)。今日は、宰蔵がやっぱり小笠原氏のことを慕っているあたりが垣間見れてさらに良し。

 ラストの小笠原氏と往壓のシーンは印象的でした。見られてほしくない、男の涙。その思いも涙の理由もすべて察して席を立つ往壓が、カッコイイじゃありませんか(´д⊂ヽ。

 今回、もうひとつ好きなシーンがあります。
 往壓が「すまなかった」と雲七にあやまるところ。あのセリフの発し方、素晴らしかったです。藤原啓治さん、惚れちまうよ。


 ちなみにDVD第1巻は買いますよ。最初の#01~#03録り逃してるし(見逃したのは#03のみですが)、4話収録で5000円切ってるって、意外にも手頃な値段ですしね。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/343-fab665d9
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
こじこ脳内さん 「天保異聞 妖奇士 第12話」
今週は、ものすごくバトルシーンが多かったような気がします。いままで、こんなにバトルシーンばかりの週はなかったような・・・あったような。あと、今週は結構ギャグっぽいタッチが多かったのではないでしょうか
2006/12/25(月) 16:59:07
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する