猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の 『天保異聞 妖奇士』(#10)
2006/12/09(土) 18:40 
 いやー、宰蔵が直接おとっつぁん殺したんかと思ってました(^_^;。

 宰蔵は父親の期待に応えられなかったために、“自分ではない自分”になりたかったわけですね。その想いが妖夷を生んだ、と。

 なるほど、だから本質をあらわにする往壓の漢神能力をかたくなに拒絶していたんですねぇ。

 小笠原さんがイイ味出してました。最初は取っつきにくそうだったんですけど、ひょっとしたらこの「妖奇士」って、小笠原さんに注目して見るとまた面白いのかもしれません。

 「女が踊る姿で“笑”。その笑うという字に女と書いて、なんという字ができたかわかるか?」→「妖」(笑)

 そして笑い合うふたり。
 面白い! 面白いんですけど、その面白さが若年の視聴者に伝わるかどうか(^_^;。渋いなぁ、まったく(笑)。

 次週、小笠原氏と往壓に置いてかれた奇士たちが彼らを追いかけて……おおっ、宰蔵にアトルも! ほっぺたふくらませる宰蔵カワイイです。この子も今後ツンツンしたところが少しは取れるんでしょうか(´∀`)。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/338-4f31da71
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
天保異聞妖奇士の第10話を見ました。もろBLではなくて良かった…。でも、放送していいの!?って思ってしまった。でもBLには間違いないしな…。説十 弥生花匂女神楽新三郎を紹介された往壓らは話を聞く。宰蔵は自分の父が新三郎と戯れている姿を見てしまう。「お前はこのま..
2006/12/09(土) 20:47:05
Sweetパラダイスさん 「天保異聞 妖奇士「弥生花匂女神楽」」
宰蔵ちゃんのお話、完結です仮面が取れたらイイナ宰蔵に取りついた妖夷は、別人になりたい!という宰蔵の願望を食べていた。奇士たちは宰蔵の漢神を取り出し妖夷を倒そうとする。だが、宰蔵は自分の名前の意味が暴れるのを恐れて嫌がる。仮面の色が変わるのね宰の字は罪を..
2006/12/09(土) 22:00:06
宰蔵をどうするかと思えば人にはいくつもの面があるものだ、それをいくつもかぶって大人になれといってムジナを追い出した。わりとみかけるモチーフだけど観念的なことをわかりやすく描いてはいた。しかし、ずいぶん重た
2006/12/10(日) 09:31:58
Sweet Vanilla -deuxieme-さん 「天保異聞 妖奇士 説十」
『人は自分ではない自分に憧れる』というのがテーマだった感じ。これは、誰にでもある願望だと思う。実際、あたしだってたくさんの仮面を抱えていて。その時によって使い分けて。なんか汚いようだけど、みんなそうでしょ?それをしっかり受け止めないとね。ユ....
2006/12/10(日) 11:29:55
ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記さん 「天保異聞妖奇士 説十~放三郎スペシャル☆~」
←アニメージュ1月号のアヤシ関連記事ページより。ユキアツと放三郎のツーショット☆ この絵のためだけにアニメージュ買ってしまいました(笑)最高です。 放三郎バンザイ烈 編み笠最高(笑) さて、前回、屋根のTVアンテナの調子が悪くて、画面どころか音声
2006/12/10(日) 12:49:05
面の妖夷に取りつかれたまま、芝居町に向かう宰蔵。面の妖夷「無慈儺(むじな)」は、
2006/12/10(日) 13:27:38
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さん 「(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第10話 「弥生花匂女神楽」」
Winding Road/ポルノグラフィティ面を被り、偽りの舞台で踊り続ける宰蔵。ついに追いついた往壓達は、宰蔵と対峙することに・・・。そして、語られる宰蔵の過去。彼女の背負う罪とは一体・・・。
2006/12/11(月) 14:15:47
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。