猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長門有希(バニーガールver.)
2006/06/09(金) 15:04 
 世界はハルヒを中心に回っているように見せかけて、構造的にも「はたしてそうかな?」と思わせる点があってなかなかに興味深い『涼宮ハルヒの憂鬱』。そしてなんだか原作の方だとやたら長門が優遇されてるようなカンジがする今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

長門有希(バニーガールver.)
【クリックすると大きな絵が開きます】

 さて、エヴァの綾波などに代表される無感情系の女の子ってのは人気ありますが、この長門にはなんというのでしょうか、より人形的な儚さとを感じるといいましょうか。人形っぽい、わけではなくて、まさに造られた存在である彼女に訪れた感情らしきものの萌芽、というところになにかこう、胸をしめつけられるような愛しさを感じるのです。

 京アニ制作のアニメ版はよくできていますけども、こと長門に関しては、動きやセリフが少ない(さらにいえば、キョンによる彼女の描写が少ない)ためか、魅力の伝わり方が今ひとつのように感じます (それは今週のアクションを観た後でもそう)。

 この短い文面で長門の良さを説明し切ることはボクにはできません。そもそも、それが可能なくらいなら、単行本何冊なんていう“作品”がこの世にある意味がないですからね。実際読んだらね、そりゃ長門にハマりますわよ(^_^;。

 ま、原作とアニメは別ものとして、それぞれの良いところに着目して観ればいいということではあるのですけども。友人曰く、みくるや古泉はアニメで魅力が倍増したそうですからね(^^)。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/297-ada61968
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
ハルカの部屋さん 「長門有希」
長門有希涼宮ハルヒシリーズ(すずみやハルヒシリーズ)は、『涼宮ハルヒの~』を表題に、角川スニーカー文庫から刊行されているライトノベルのシリーズ。また、
2007/02/02(金) 01:36:45
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。