猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぱにぽにまつり
2006/05/05(金) 05:17 
 ■ 『ぱにぽにだっしゅ!』(#01~24)の感想
 コツコツ、1ヶ月以上かけて「ぱにぽに」TVシリーズ全部見ました。

 ベッキーと同じで、まったくキャラの名前が憶えられません(^_^; (憶える気がないんだ…)。22話まで見て、やっと一条さんと6号が憶えられたくらい (憶えたっていうのか、それ…)
 いや、キャラはだいたい解ってるんですけど(^_^;。


 自分の中では、メソウサの虐待されっぷりを楽しむ?作品という感じでした(^_^;。メソウサはとにかく声がいいです。

 キャラ的にはやっぱ姫子が一番ですね。白痴はダメだけど、バカは大好きだ(笑)。

 バカなくせにベッキーに対してお姉さんぶってみたり (しかし、ベッキーに邪剣にされる)、そういうところがオメガ可愛い ('∇'*)
 後半はなにかというと「カニ」好きがアピールされていました。売りつけようとしたカニの透視図には笑った(^_^;。
 ちなみに次に好きなのは秋山乙女。出番少ないですけど……。なにげに声も好きで。

 地味キャラの桃瀬くるみの“地味”ネタは、「地味地味」言われてる間はスルーしてたんですけど。ゲーム風画面の演出の時に、隅の方で「地味」パラメータが勝手にピロン、とプラスになっていくと同時に本人の姿がだんだん薄くなっていく表現は斬新でした(^_^;。


 EDにも毎回工夫がこらされていたり、本編中もいろいろとスタッフの遊び心が入れ込まれていたり、それだけでも最近のアニメが失いつつある“活気”のようなものを感じました。こういうのもたまにはいいですな。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/273-d8d4c159
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。