猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
おトイレ・なかよし /『砂沙美☆魔法少女クラブ』
2006/04/23(日) 20:46 
 ■ 今週(#02)の感想
 この作品は不思議な雰囲気をもっています。おそらくその原因のほとんど99%は、幼い声優さんの起用にあるといって間違いではないでしょう。

 お話の奇妙さも昨今の異常な数のアニメ作品群の中にあっては、それだけではウリにはなりませんし、演出にも飛び抜けて優れているところがあるわけでもない。なのに、この作品は「駄作」と切って捨ててしまうには惜しい魅力がたしかに存在すると思うのです。

 冷静に作品を見てみるとよく解るのですが、もしこの作品が、普通にベテランロリ声声優さんたちの安定した演技によって彩られていたとしたなら。
 そう。ただの中堅萌えアニメのカテゴリに埋没したにちがいないのです。

 プロでもなんでもない小中学生の女の子の演技が我々の心に与える一種の“危うさ”が、そのままじつは作品のたえなる魅力になっていることに気づくべきだと思います。タイアップによる企画モノなのかもしれませんが、これは新たな効果の出現を喜ぶ記念すべき作品なのではないでしょうか。

 ……っていうのはあきらかにホメすぎかしら(笑)。しかし、少なくともボクは、砂沙美ちゃんたちに普通の声優さんたちが充てられていたら (特に、旧作から引き継いだりなんかしてたら)、見続けてないかもしれない。声優さんの力量不足で作品の面白さを根底から破壊してしまっているような某「ひ(中略)っ!」とは、まるで存在意義が逆です。

 「砂沙美☆魔法少女クラブ」のキャスティングは、こうでなければならなかった!

 と、声を大にして言いましょう。あえて(;´∀`)!
 そしてチャイドルさんたちをメインキャラクターのCVに配役したことで、この「砂沙美」はいったいどういう位置づけの作品になったのかといいますと!

 ……中堅萌えアニメです orz


 さて今回の第2話は、おトイレというキーワードでもってお友だちと親密に、というお話でした。

 友だちができたらしてみたいことがあったの、と、はにかみながら言う美沙緒ちゃんの望みとは、休み時間に仲よく一緒におトイレに行くこと。

 連れションかよ(笑)! Σ(゚Д゚;)

 全力で画面にツッコミました。
 いいね、いいよこういうの(;´∀`)。気持ちわかる……いや連れションが、とかじゃなくて、そういう素朴な願いを抱いていたちょっとさびしい女の子に感情移入、といいましょうか。

 そして新登場の、背が小さすぎることが悩みの女の子・真琴ちゃん。文字どおり、トイレと親密に。背を伸ばしたいために牛乳を飲み過ぎてトイレのヌシ状態。願いが変な風に通じて巨大化してみたり小さくなってみたり。そんな魔法少女。

 あげく、便器で溺れるし。

 やってくれた! こんなことが男の子たちに知られたら、一生言われるぞ(^_^;。


 てなわけで、せっかく夕方の時間帯にやってるんだから、ぜひCVの子たちと同年代の女の子に見てもらって共感していただきたい(^^)。
 大きなお友だちは、声に文句ばっか言ってるなんてナンセンスよ? 画面の彼女たちをあたたかく見守りながら、ちりばめられたさりげない“少女の可愛らしさ”演出の切り口の異色さを楽しもうではありませんか。

 旧作を引きずることにも、なんの意味もありません。仮に企画を通すのに旧作の知名度が必要だったとしても、本来のターゲットであるリアルの少女世代に旧作のイメージは(多くの場合)ないのです。この新・砂沙美はその意味で、きちんとリセットがかけられていると好意的に解釈できると思うのですが、いかが(^^)?


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/264-8dc834bf
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する