猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“炎綬の紅玉”鴇羽舞衣
2006/03/23(木) 17:56 
 舞衣は良い子ですねぇ。前作の頃から、キャラクターとしては嫌いではなかったです。
 地味めでしたけど……思えばボク、旧作第1話の感想でめずらしく「おっぱい」に触れてました。インパクトあったなぁ。

“炎綬の紅玉”鴇羽舞衣
【クリックすると大きな絵が開きます】

 料理が上手で、マジメで可愛くて明るくて優しくて面倒見がよくて、さらにはスタイルもグンバツ(死語)。女性として完璧じゃありませんか。
 ……しかしながら舞-HiME(および舞-乙HiME)キャラのボク的ランキングでは、真ん中くらいに位置しているというこの不条理さ(^_^;。

 やっぱ良きにつけ悪しきにつけ、とがった部分てのはアニメキャラに必須なのかもしれません。

 キャラ描写的には、両親と死別、病気の弟をかかえて、良い子でいるしかなかった彼女の苦悩とか、魅力的なところも前作ではたしかにありましたし、その意味では好きな部類に入るはずなのですけどね(・∀・)。


 サイトのギャラリーに一応上の画像のフルサイズを展示しています。

 UPする直前まで、ラフにつける「r」ナンバーを振っていたのですが、これよりもひどいレベルの絵に正規ナンバー与えたことも過去にはあったし、ということで昇格にしました。ラフと正規の境目はどこで決まるのか、というとそれは……単に気分です(^_^;。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/233-6634c60d
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。