猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切な時間を /『半分の月がのぼる空』
2006/02/24(金) 09:11 
 ■ 最終回(#06)の感想
 うむ。なかなかの佳作でありました(^^)。

 打ち切りでなく、フツーに6話で終了、というTV作品を初めて見ました。もともとの作品タイトルは「月がのぼる空」で、半クール構成だから「“半分の”月がのぼる空」なのかと一瞬思ってしまったくらいびっくり(笑)。

 あの先生は主人公をボコボコにしたり、いろいろ不愉快にさせてくれるヤツでしたけど、出世をなげうって奥さんに最後まで幸せな時間をあげようとしたことがわかったので、ちょっと見直しました。

 死ぬのが判っている娘に、その大切な時間をくれるんだから、お母さんも主人公には感謝すべきですよね。たとえ彼のために手術を決断して、その結果仮に失敗して命を落とすことになっても、です。つらい決断ではあるでしょうけども。
 主人公と、彼女の両親は“残される”側です。あの先生もそうですけど、残される側にはどれだけ尽くしても、あとになにも残らないという哀しい現実があります。それでもなお死んでしまう人に最大限の幸せを、という気持ち。

 いっぱい笑って死んでいく方が幸せ。

 偽善だとか、自己満足だとか、他人から見ればいろいろ口を挟みたくもなるでしょうけど、ボクはそこに、いくばくかの否定しきれない人の崇高な優しさの精神を見ることができるのではないか、と信じたくなりました。
 そんな作品です。

 里香の病気は完治しない、と物語中でも断言されているとおり、延命はかろうじて成功したものの完全にハッピーとはいえない切ないエンディングとなりました。余韻をひく、いい終わりなんじゃないでしょうか。6話くらいで観るにちょうどいいまとまり。

 WOWOWで「かりん」に続けて放送していたこの作品。ヒロインの里香は高橋美佳子さん。じつはこの両作品に、メインキャラで出演されているのですね。この里香の声はじつによく合ってました(^^)。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/209-68677780
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
鷹2号の観察日記さん 「半分の月がのぼる空 第6話」
 今回が最終回で全6話という短さだったこの作品、評価をつけると10段階で6ぐらい
2006/02/24(金) 11:52:52
【公式】最終回!!亜希子さん、軽い感じだが去り際に祐一に里香のこと知ってるのか?と真剣に聞くが、祐一は「?」知らぬは祐一だけの様子。夏目は何を聞いても教えてくれない、最後には守秘義務。最悪とは?→「お前がここにいたこと」里香の母親からの申し出で、....
2006/02/24(金) 20:51:16
じゃぁ、一番大切だった物は何?自分の幸せ?それとも大切な人の幸せ?半月の最終話キャプ感想です。もう泣いても笑ってもコレが最終話。心して行きたいと想います。
2006/02/25(土) 14:08:02
かげりゃんのもえもえ☆ひみつきち。@4月 ネコミミ少女アロエさん 「半分の月がのぼる空 - 第1話~第4話」
 「半分の月がのぼる空」前半の感想です。端的に話すと前半から仲良くなって、夏目先生が登場。けんかをして仲直りしたのに、夏目先生にボコボコッ。こんな感じです。いやこれだけではよくわかりませんよね。見たのはいいのですが、こうやってあらすじを書くのはど ...
2006/04/05(水) 14:59:29
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。