猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Go!Go!カート
2006/01/31(火) 17:05 
 1年半ぶりくらいに乗ってきました。レーシングカート。

 友人の水月林太郎氏主催のこの走行会。集まった仲間でコースを借り切って、土曜日の午前中、30分×2本のセットで自由走行(交代制)です。
 先週は雪なども降りましたし天候も心配だったのですが、当日はみごとに小春日和。帰りの車の中は暑いくらいでした。真冬ですけどコンディションは最高です。


カート場
【カート場】


 今回は人数が若干少なくて4台のカートに7人が交代で乗り込むことに。
 バリバリ走り込んでる人はほとんどおらず、初体験の人が半分。ボクと水月氏は前回('04年7月)1回だけ経験していてこれが2回目のチャレンジになります。

 体は健康ですが、前回にも増してなまっているので多少なりの不安はありました。マシンの慣らしをしてるスタッフの人の走る姿を見てると「ホントに自分があんな風に走れるのか」と心配になるんですね。

 初心者も多いので、気楽に走ろうということだったのですが、コースに1番はじめに飛び込んだボクの脳内ですぐにスイッチが入りまして(;´∀`)、タイヤも暖まってない、マシンの挙動もよく把握してない状態で飛ばし始め、なんと最初の2周で3回も派手にスピン。

 ……たぶん後ろ走ってた人たちは驚いたでしょーなぁ(;´∀`)。ごめんね。


カート走行中・バックストレッチ
【カート走行中・バックストレッチ】


 スピンすると恥ずかしいんですけどね、もうその時点で開き直りましたし、なによりもスピンが怖くていつまでも踏み込むのに躊躇するようではダメなので、結果的には良かったです。

 さて4台に7人ですから、1人余るわけです。その余った人間は30分の走行時間をフルにひとりで走ってよいことにしたのですが、1回目の走行ではボクがそれをやらせてもらいました。
 たった30分、と思われるかもしれませんが、このレーシングカートは直線で最高時速70kmくらいまで出る本格的なもので、遊園地のゴーカートとは根本的に違います(^_^;(もっと上のクラスもあるようですが)。遠心Gも相当なものです。グリップするタイヤにハンドルは重く、そのうえ操作に対しての挙動はシビア、というかダイレクトなんでたいへん体力を使います(下手なので余計に)。

 途中でどうにもツラくなって、ピットに入りました(笑)。

 「いや、ちょっと休まして!(;^ω^)」

 1分くらい休んで、再度出走。
 残りの10分の間に、そのセッションのベストラップ、上から4つまでを叩き出しました。


カート走行中・メインストレート
【カート走行中・メインストレート】


 一緒に行った紅羽さんが撮ってくれたボクの走行中の写真です。
 見ておわかりのように、バカやってます(^_^;。ホントにF1ドライバーのヘルメット持ってくヤツがあるか! 見た感じ、やる気満々です。恥ずかしいです。

 まあ、1回やってみたかったんですよ。しかしカメラを持っていっても自分では撮れませんから、こんなちゃんとした走行中の写真を撮ってもらえるとは思ってなかったんでありがたい(・∀・)! 紅羽さん、ありがとうございました。


 第2セッションではボクは後番だったんで、そこで初めてゆっくり他の人の走行を眺めました。
 みんな、慣れてきたのかガンガン攻め出しました。あちこちでイエローコーション出てます(笑)! いいぞ~。そこで水月氏も初参加のタッチィさんも、1回目にボクが出したラップを上回るタイムを出してきました。

 イエローが出なかったラップがないくらいにみんなガンバったんですが、クリアラップを取れる時にミスをせずにきっちりタイムを出してきたのには感心しました。こりゃ負けてられないぞ。

 しかし、自分で走ってる時はスピードが出ていようが盛大にスピンをしようが、怖いという感覚はほとんどないのですが、こうしてあらためて人の走りを見てると、「あぶないことやってるなー(^_^;」という気持ちになりますな。

 さあ、交代して最後の走行です。


カート走行中のまいら
【カート走行中】

 このヘルメット、アホみたいにデカくて頭大きく見えて、やっぱどうにも不格好ですね(^_^;。バイク用のAraiのヘルメットよりもずっと軽いんで、被ってても楽ではあるんですけど。
 ちなみに'98年当時ベネトンにいたアレキサンダー・ブルツのレプリカヘルメットで、本物のF1仕様です。

 前回初参加の時に出したボクのベストラップは、40秒1。今日は水月さんが38秒台に入れて終了。前回は勝てなかったんで、気合い入れていかないと(てか、実際この時点では勝てる気がしなかった。それどころか初参加のタッチィさんもボクのベストラップを軽く上回ってて、みんなスゲーと思いました)。

 タイムを出すのにはコース全体で攻略を考えないといけないんですが、休んでる間にスタッフの人にいくつかのポイントをアドバイスしてもらったので、そこを気をつけて走りました。あとはやはり度胸とテクが試されるメインの直線からの飛び込み・第1~第2コーナーの攻略でしょうね。自分なりに納得のいく走りをそこでやっとかないと、きっと後で後悔するだろうな、と。

 ここは、コースアウトするととても危険なんです(^_^;。エスケープゾーンは多少ありますが、ヘタをするとバリア直行。遠心Gに耐え、ラインを外さずに踏ん張って、しかもそれをアクセル全開で行けるはず、というんです(1回目のセッションはとても全開では無理でした。チキンと呼んでくれてけっこう('A`))。


コース図
【コース図】


 ……ガンバりました。

 最後のラップでは、アウト側の縁石に乗り上げそうなイキオイで、しかし負けずに踏み込んで走り切り、ベストを叩き出しました(・∀・)。

 38秒5! 前回よりも1秒半短縮!

 天誅丸さんが1人37秒台で、こちらもさすがでしたが、ボクも大仰なカッコで参加して(笑)なんとか面目を保ったというカンジです(^_^;。今回は水月さんに勝てた~(’ワ’)。
 みなさんの厚意でボクは1・5倍の時間走らせてもらったんで、タイム出せたのは当然かもしれません(その分、体はへろへろでしたが)。2回目のセッションでは40秒を切るタイムをコンスタントに出せる走りが出来たので、満足です(ちなみにスピンは最初の連続3回を合わせて、ぜんぶで5回)。


 胃がシェイクされて、終わった直後はフラフラ。メシもノドを通らない感じだったんですけど、帰りはみんなでハンバーグを食べて帰りました。
 ちなみに寝て起きたら当然のように筋肉痛。これは覚悟してましたけど、どうも走ってる間に歯を食いしばりすぎたらしく、アゴ関節まで痛かった……(笑)。

 いや~、カートに乗るとF1をはじめとするモータースポーツがまぎれもなくスポーツだということが実感できますね。F1ドライバーはこれの数倍ものGに、1時間半も耐え続けるんですから。人間じゃねえ……!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/194-9c0054f9
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。