猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 『シルミド SILMIDO』
2006/01/08(日) 02:21 
 ■ 本日の映画 『シルミド SILMIDO』 ★★☆
 特に韓国映画、というわけでなく、アジア映画そのものをほとんど観ないので(普通の映画もあんま観ないですが)、「えー、面白いの~(^_^;?」と疑いながら観たわけですが。

 ぶっちゃけ、かなり面白かった(^_^;。実話を元にしているようですが、ドキュメントというよりはエンターテイメントの方に近いですね。最後は映画的な盛り上がりもありましたし、全体の雰囲気のコントロールがなかなか上手くできてます。観る前、ものすごいハードなものを予想していましたが、ヘンに真面目くさってないところがイイのかもしれません。
 のっけから、すこし「クスッ」としてしまう妙なノリを感じるのですが(アジアの映画ってこれと、日本人にはない種類の残虐さをなんとなく潜在的に漂わせてる気がします)、これはこの映画に必要なものと後で解ります。

 もちろん描かれているのは、隊員たちを待ち受けるシャレにならない悲壮な運命なわけですけど、ユーモアというか、一種の滑稽さというのが必要で、それが割といいバランスで演出されているんですね。最後までマジメで冗談通じなさそうな人もいましたし、何人かは非常にいいキャラクターと演技をしてたので全体的に良くまとまってる、という印象でした。

 「火山高」に武闘派教師のリーダー役で出てた人が囚人たちの訓練教官として出演してるのですが、この人の使い方がとてもイイですね~。劇中はほとんど最後まで鬼教官なんですけど、実は……という意外性。

 韓国の作品は、ドラマと映画でまたぜんぜん違う、という話は以前から聞いてましたが、ホントそんなカンジ(^_^;。
 途中で目的を失ってしまう彼ら。そこまでで映画の半分。残り半分どうするんだ、と思ってたら、そっからがまた面白かった(^_^;。実話にしてはよく出来すぎてる、その映画らしさが評価できますね。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/157-70468e0a
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。