猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペタ座りマシロ
2005/12/13(火) 05:26 
 あ~、締め切り近いよ(´Д`;)。

 てなわけでゲスト原稿をやっております。舞-乙HiME本のタイトルは、「乙姫少女」と決まったようです(詳細はサイトの方にて)。

マシロきゅん
【クリックすると大きな絵が開きます】

 さて「舞-乙HiME」第10話の補足です。
 毎回毎回、予告はイイ感じにこっちの想像をかきたてる場面チョイスがなされていて、制作陣の手のひらで踊らされている快感を味わうことができます(快感なんだ(^_^;?)。

 たぶん街の浮浪児にセルゲイにもらった大切なものを盗まれて追いかけて、川に……というパターンでしょうか。
 ニナ的にはその浮浪児の女の子はかつての自分ということなんでしょうけど、「この子をなんとか助けたい」なんつって軽く言うアリカに、彼女なら「どうにもできない」と答えるでしょうね。

 そこへあらわれたタクミ殿下(?)が引き取ることに……という展開とかだとフクザツなことになるんでそれはないか(^_^;(第2のニナになっちゃう)。
 まあそこらへんはなんでもいいんで、とにかく晶クンカモン(^_^;!ですよ


 セルゲイがナギの懐刀として兄王子たちを暗殺したのは間違いないと思われますが、問題は、アリカのことを隠しておくことがナギを裏切ることになることの意味ですよね。ナギはシュバルツと通じているようですが、解らないのはシュバルツとアスワド(=ミドリちゃん)が“地球時代の技術の復活”という共通の目的に従って行動している(らしい)ところです。このふたつは、今回の件を見る限り敵対しているようですね。シュバルツとアスワドは失われた技術を得た後にどうするのか、という点で大きく異なるのかもしれません。

 もしくは、シュバルツの方はすでにかつては持っていたであろう“目的”がとうに失われて、教義や信仰だけで存続してる状態なのかも。そうなると、ミドリちゃんや主人公側の人間にとっては、はた迷惑な話ですが。

 技術がない、歪んだ世界であるばかりに、なんか過去に悲しいことがあったんでしょうねぇ、ミドリちゃん。

 さて、今週分(#10)を見返していたら、ハルカちゃんのGEMに「(MATERIALISE)」ってあることに気づきました。()付きってどういう意味だろう。制限付き…? ハルカちゃんもやっぱり五柱(クラス)なんだけど、それがイヤだから制限付きでユキノのもとに行ったとかいうことなんでしょうか。
 そうなると、ハルカちゃんは死亡どころか後半で一段パワーアップ(=五柱になる?)ということも考えられますね。今がギャグメーカーなのはその伏線なのかもしれません。


 そういえば来週はこの「舞-乙HiME」も「SoltyRei ソルティレイ」も、“Birthday”がキーワードですね。
 アリカとニナの誕生日が同じという話です。ふと思ったんですけど、フミさんは「金剛石(ダイヤ)」で、それにちなんでマシロの名前が付けられたそうですね。アリカの青玉が「サファイヤ」ですから、ニナは(貴石がないですけど)「ルビー」? 瞳の色もそれを象徴してるような……(ちなみにサファイヤとルビーは同じ鉱石です)。

 第5話でセルゲイが足長おじさんと判ってから、アリカとニナの対決の展開はもう決定事項だろうと思っていましたけど、今週のニナの様子やコミック版と同じ暗い過去設定をみるにつけ、ニナがダークサイドに転ぶ流れになるんだろーなぁ、と予測 orz


……

 どーでもいいんですが、第9話より。
 右のアナタ、可愛いポーズとるの禁止(;´∀`)!

次の記事を読む→ #11「HAPPY☆BIRTHDAY」◆
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/139-b7a17eaa
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
TAG log-bookさん 「いつかは花が咲くだろう」
「舞-乙HiME」 第10話 「それが乙女の一大事」 前回、オカマのサイボーグによって断崖絶壁から海に叩き落とされた蟻ん子ですが、年寄り特撮オタクのわたくしはてっきり、宇宙刑事ばりに落ちたそばから海面から光る球になって逆回しジャンプ、「蒸着!」とばかりに変身し
2005/12/14(水) 00:18:15
コメント
この記事へのコメント
同じ科学を追っているのにシュヴァルツとアスワドの根本が違うのはアレでしょうか。

「科学を悪に使う者 探せ許すなザ*(以下略)」

きっと山ん中に愕天王の頭の形をしたアスワド基地があるに違いありません。
2005/12/13(火) 15:11:52 | URL | BeauFighter #SFo5/nok[ 編集]
電人(笑)!?

…ミドリちゃんにその口上、似合いすぎですね(笑)。

そういえばアスワドはそれぞれ胸にマークがあって、ジャッカー電撃隊じゃ、というウワサも(笑)。
2005/12/13(火) 18:45:40 | URL | まいら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。