猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大和帰還 /『かみちゅ!』
2005/09/01(木) 06:52 
 ■ 今週(#08)の感想

 作り、じゃなくて本当の話なんですけど、ボク中学生の頃、住んでる島のすぐ前の海を戦艦大和が波をけたてて進む生々しい夢を見たことがあるんです。



 中学生当時、ですからそれこそ80年代半ばですよ。時空を超えた、なんたる偶然の符合か(^_^;。まさか20年近くもたってから「かみちゅ!」の中でそっくり同じ映像を見ることになろうとは思ってもいませんでした。呉に帰る途中のあの劇中の大和を、中学生当時のボクも見たのかなぁ……とか一瞬だけ感傷にひたってみたりしたのですが、よく考えたらウチの田舎、日本海側だし(笑)。



 大和が戦争のために生み出された戦艦である云々は関係なくて、(我々も含め)源さんに代表されるように大和に思いを寄せる人間が他とは比べものにならないくらい多い……というところが今回の見どころなわけですね。大和が紳士なのも思い入れの反映だし、ゆりえ様はその思いを受けとめる(思いを叶える)優しい神様である、と。

 (要するに、大和乗組員二千数百人の英霊云々とか言い出すと、このエピソードには文句のひとつも言いたくなるだろうということですから、考えてはいかんのです)



 「かみちゅ!」の舞台となった尾道には、映画の撮影に使われたという1/1大和のセットが公開されている(いた?)そうで、大和好きとしては見に行きたかった……呉にある大和ミュージアムの1/10模型もいつか見に行きたいですね。



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mairagen.blog22.fc2.com/tb.php/1-f190f167
TBありがとうございます(^^)。TBいただいた記事はぜんぶ読ませていただいてます~。
TBはほぼ100%お返ししてますが、たまにはじかれることがあるようです。
この記事へのトラックバック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。