猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけまして艦これ
2014/01/18(土) 02:29 

 あけましておめでとうございます。昨年末はちょっと調子を崩してしまい伏せっておりました。ぼちぼち復帰活動中です。



 ついに日本の約100人に1人がプレイしているってなところまで規模の大きくなった『艦隊これくしょん -艦これ-』ですが、自分が初めてその存在を知ったのは昨年の7月くらいだったでしょうか。

 もともと『宇宙戦艦ヤマト』世代の一番ケツにくっついているような自分は(ガンダム直撃世代でもありますが)、アニメなどでも艦船が登場する作品が好きです。艦これが登場する前に、大和ミュージアムや佐世保、横須賀などへ訪問したこともあります(そうはいっても太平洋戦争までの実際の日本海軍艦艇についてそれほど詳しい知識を持っているわけではないですが)。

 ですから、艦これもすぐにプレイしてみたかったのですが、仕事の忙しさが一段落するまでは手を出せずにいました。やっと登録できるという時期にはすでに枠が抽選になっていて、繋がるまでに3日ほどかかったかな。ともかく、9月の中旬にブイン基地に無事着任したのです。

 その勢いで年末は艦これでコピー本でも作ろうかと計画していましたが、残念ながら無理でした。次の機会にはぜひ……!

 てなわけで、ここから何回かに分けて艦これプレイ状況を振り返ってみたいと思います。


●プレイ初期

 当初は艦娘についての予備知識はほとんどありませんでした。有名な島風や雪風のビジュアルについてちょっと知っていたくらいで、初期艦(秘書艦)は特に思い入れもなく、主人公(吹雪)を選んでいます。

 その後、1週間弱で第3艦隊開放。それまでの間に初の軽巡「天龍」、重巡「高雄」、正規空母「赤城」などを入手。ちょうど1週間目に初の戦艦となる「比叡」がやってきました。

 この比叡が改になるまでさらに1週間。ぎりぎり9月内に2-4を突破することができました(その時のドロップは「金剛」)。そして今度は初心者の次の壁となる3-2ですが、これも1週間近くかけて駆逐艦勢を育成。吹雪をはじめとして島風、初雪、白雪、潮、睦月、皐月ら全員をLv30付近まで上げて攻略しました。

 睦月や皐月あたりは能力的にイマイチなのですが、この頃はステータスなどはあまり考えず、好みで育てる艦娘を選んでました(まあ、今でもそうですが)。

 秋イベントを経験するまでは資材の貯め方や運用がムチャクチャで、常に燃料や鋼材が底を突いているような状態でしたね。燃料に関しては当時いくらか課金した気がします。まあ、母港拡張と入渠ドック拡張と合わせて、1ヶ月数千円程度のお布施ですが。

 秋イベント後は少なくとも資材に関してはキラ付け遠征で確保できているので出撃に困るようなことはなくなりました。大型艦建造で貯めた端から使っていますけどね(笑)。

 次回以降、お気に入りの艦娘やイベント攻略についてなどについてもちょっと書こうと思います。

 ところで、始めて2週間くらい過ぎたところで東北の方に旅行する機会がありまして、その際に仙台の青葉城に寄ったのですが、ちょうど城内の護国神社・英霊顕彰館で1/100の艦船模型展示があるというのを見かけ、一も二もなく見学しました。それが以下の写真です(自分のカメラじゃなかったもので、あまり上手く撮れませんでしたが)。


【英霊顕彰館】


【雪風(1/100)】


【矢矧(1/100)】


【伊19(1/100)】


【北上(1/100)】

 北上様はゲーム中で「あれだけは……」と提督に念を押して積むのを嫌がっていた例の装備を載せている改装後の姿でしょうか。

 そのほか、大和や飛龍、利根、秋津洲などがありました。

 大和の模型といえば、かなり前になりますが船の科学館の屋外に映画「連合艦隊」で使用された1/20スケールの大きなものが展示されていたのを思い出します。あそこに行くたびに、あの大きな模型を見るのが好きだったんですが、2000年代に入って台風で壊れて展示されなくなったのが残念でしたね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。