猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソノラマ文庫の思い出
2007/06/24(日) 02:22 

 朝日ソノラマが会社畳むそうで…。

 現在のラノベ文化の基礎を作った(とボクは思っている)ソノラマ文庫には、思い入れがずいぶんあります。

 初めて買ったのは「青の騎士ベルゼルガ物語」。ボロボロになるまで読み返しました。

 当時はまだ田舎は流通がよろしくなくて、本を注文したら1~2ヶ月かかるのは当たり前。青の騎士の最終巻はかなり待ってやっと手に入れた思い出があります。

 その後高校生になり、いろいろ自分で買うようになって出逢ったのは、「クラッシャージョウ」(高千穂遥)や「球形のフィグリド」(鳥海永行)といった、文章書きとしてのボクを養ってくれたシリーズたち。

 クラッシャージョウは、本編よりも外伝の「ドルロイの嵐」が大好きで、これもさんざん読み返しました。

 今でこそ珍しくないファンタジー系に初めて触れたのは渡邊由自の「魔聖界ロード」のシリーズだし、時代を先取りしてましたよ。「聖刻1092」の第1巻を読んだ時も衝撃的でしたね。

 笹本祐一の「妖精作戦」は、NHK-FMの「アドベンチャーロード」でラジオドラマにもなりましたが、これがまたサイコーでした。ボクは今でも塩沢兼人さんというとこの作品が思い浮かぶほどです。

 NHKのラジオドラマはCDとかで出ないので、後にソノラマカセット文庫でこの作品が出たときは狂喜しました。現物は紛失してしまいましたが、CDに起こしてあるので、今でもよく聴いています。絵がないのにテンポの良い活劇が展開されるところが秀逸なんですよ。

 笹本さんの作品は、割と最近の「星のパイロット」シリーズも大のお気に入りでした。結局ボクが買ったソノラマ文庫は、このシリーズが最後です。

 「トリガーマン」とかも懐かしいですね。カセット文庫では、キースの声を故・鈴置洋孝さんがやっておられました。

球形のフィグリド/勇魚
■鳥海永行著「球形のフィグリド」シリーズの勇魚。
1990年頃に描いた懐かしい絵を引っ張り出してきました…(^_^;。

 先日両親が上京してきたときに、銀座の回転寿司屋につき合ったのですが、その店を出たところにちょうど「朝日ソノラマ」の看板が出ていました。「ひょっとして……」と思いながらその場を後にしたのですが調べてみたらやはりそこがソノラマ文庫発信の地であったようです。なにかの巡り合わせだったんかなぁ。

 ちなみに高校の頃は、「獅子王」も毎月購読してたですよ。ちょうど「球形のフィグリド」連載してて、半分くらいは末弥純さんのイラスト目当てに……(単行本化されると、連載時の挿絵って使われないので)。ちなみにボクの脳内では、勇魚の声は井上真樹夫さん、ギベールは納谷悟朗さん。

 鳥海永行さんといえば「ガッチャマン」や「ニルスのふしぎな旅」など、もともとアニメ畑の人ですが、ボクにとっては文章の師匠とも仰ぐ人。ハードカバーの「妖門記」や、電撃文庫「聖八犬伝」「折れた聖剣」も読みました。

 イラストレーターの後藤啓介&加藤博之さんにハマっていたのもこの頃。ドラゴンマガジン創刊の頃から目次ページのイラストで活躍し、富士見からは画集も出ましたが、すでに獅子王でイラストストーリーとか描いててファンだったんですよね。

 こうして書いてみると、ホントにソノラマ文庫にはいろいろ影響受けてるなぁ。

スポンサーサイト
新車アプリリア RS125納車!
2007/06/10(日) 05:23 

 唐突ですが、新車を購入しました!

 3月31日に「東京モーターサイクルショー(TMS)」に友だちと出かけた時に、「これだ!!」と一目惚れし、かな~り長いこと考え抜いた末についに決心して買ってしまいました。バリバリの新車です。

 このバイクはイタリアの「Aprilia(アプリリア)」というメーカーのRS125です。スポーツバイクではほぼ日本国内で絶滅した2サイクルエンジン(単気筒)を搭載したレーサーレプリカ。

 もともと125ccでも高速道路に乗れるヨーロッパ製なので、排気量こそ少ないですが、元気なヤツです。もっとも、ボクのはまだ慣らし中なので半分くらいの回転数でしか使えませんが。

 日本に入ってきているのは250台くらいとか聞きました。多くはないですが、少なくもない数ですね。しかし、TMSの後しばらく経っていたし、タイミング逃しちゃっててもう手に入らないだろうなーと思ってたので、ディーラーで買える、と判ったときにはほぼ即決してました。つき合ってくれた友人たちが唖然とするくらい(^_^;。その前にさんざん悩んだので、その場ではもう買うか買わないかの2択だったんですよ(笑)。

 最初にTMSで見たときはたしかに一目惚れでした。でもホントの意味で気持ちが「買うか?」とグラグラしたのは、そこで跨ってみた瞬間からです。ピタッとくるポジションが、まさに「これだ!!」と思わせるフィーリングだったんです。乗りやすそうな、乗ったら楽しそうなイメージがパァッと脳裏に広がってしまったからヤバかった(^_^;。

Aprilia RS125 (02) Aprilia RS125 (03) Aprilia RS125 (04) Aprilia RS125 (05) Aprilia RS125 (06)
■Aprilia RS125 (※クリックで大きい画像が開きます)

 以前に乗っていたバイク・ZZR250は、ある日不幸な事故で逝ってしまいました。事故そのものはほぼ自分のせいではないと解っていつつも、コイツを大事にしていた前オーナーに申し訳なく、また自分の甲斐性のなさに滅入って「バイクにはもう乗らないだろうな」と漠然と思いながら日々を過ごしていました。

 そんなボクですが、やっぱり「乗りたい」と思って30代になってから免許を取ってバイクオーナーになったわけですよ。未練がないはずがないじゃないですか。その想いを甦らせてくれたのが、このRS125でした。

 昨日納車だったのですが、関東地方は雨になると予報が出ていました。ツルツルの新品タイヤでは雨は不安、しかもバイク自体3年もブランクがありますから、できれば避けたかったです。しかし日々忙しいので延ばすのもイヤだったし、早めに行けば大丈夫だろうということで、お昼前に友だちの車に乗っけてもらって取りに行ってきました。

 結局家まで戻る間には降らず、無事戻って来れました(^^)。

 今はバイク乗りの友人もいますし、いろいろ教えてもらいながら、以前よりもっと上手く乗れるようになれればいいなと思ってます。なにを隠そう、ボクは運転技術的にはまったくのヘタクソなのですよ。RS125は、峠に走りに行くために買ったんじゃないんです。単純に、「これがボクのバイクだ!」という根拠のない直感だけで買ってます。

Aprilia RS125 (07) Aprilia RS125 (08) Aprilia RS125 (09) Aprilia RS125 (10) Aprilia RS125 (11)
■Aprilia RS125 (※クリックで大きい画像が開きます)

 乗ってみた感じですが、店長さんに言われた通り5000rpm以下の低い回転数ではまったく役に立ちません。250ccの感覚で乗ってると、発進に苦労します。さすが2スト。慣らしはマニュアルには6000以内と書いてありますが、実際使い物にならないので8000まで回していい、と言われています。

 操作感は、直感したとおり最高です。ヒラリヒラリと乗り回せそう。車体は軽いし、女性でもおそらく足つき良いハズですのでオススメできます。ただ、前述の通りエンジンのパワーバンドの問題で発進はちょっとデリケートかも。それでもRS50(50cc)に比べればまだ良いほうだそうな。

 ギアがニュートラルに入りにくい(いったん停止しちゃうと、もう絶対と言っていいほど入らない)のですが、これは停まる直前になんとかすればOK。ウィンカーのスイッチが切りにくい、ハンドルをフルに切ると手がタンクに当たる等の気になる部分もありますが、このへんはエンジンの特性も含めて慣れれば問題ない範囲かと思われます。

 じっくりと、これから乗っていきたいと思います。

 旧愛車のZZRは潰れた姿のままシートをかけ手元に置いてありましたが、今度処分します。3年喪に服したけど、やはり悲しいですね……。

 アイツに乗ってて2度事故に遭いましたけど(1回目は自分で、2回目は当て逃げ)、そのたびにボクの身代わりに傷ついてくれたヤツなんですよ……。ボクが無傷でピンピンして生きてるのはアイツが護ってくれたおかげ。

 ……廃車手続きを先日してきましたので、いよいよお別れです(´д⊂ヽ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。