猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石渡りアトルと今週の 『天保異聞 妖奇士』(#19~20)
2007/02/25(日) 02:25 
 「妖夷」が人間の持つ黒い部分が形となったものなら、「異界」とはそこから逃げ出したい心が生み出した仮想の世界。

 少年時代の往壓は、自分自身の存在に空虚なものを感じて、元服と時を同じくして逃げ出します。そしてその前にも一度“異界に”逃げたことがありました。そんなことがあった後の25年は、ご存じのように逃げ続けた人生をおくった往壓。

 これまでのエピソードでも、妖夷を生み出してきたキャラクターたちはそれぞれ心に闇を持っていました。アトルもそうですし、宰蔵もそう。「妖奇士」はそれを解決していく作品なんですね。奥が深くて非常に面白いです。

天保異聞 妖奇士/アトル(石渡りver.)
【クリックすると大きな絵が開きます】


 今回のエピソードでは、三人の“往壓”が登場します。いずれも、自分の今いる場所から“逃げたい”、あるいはすでに逃げている者ばかり。そして往壓(オリジナル)は、自分が逃げ続けていたものと相対することになります。

 竜導家にとっては家督の象徴であり、“武士”そのものを表わすあの脇差は、彼にとって捨てたいモノでした。その心が反映されて、妖夷と化してしまった脇差。二番目の往壓(養子)がおとなしく家にいる間はなんの異変もなかったのですが、彼が自分の存在にふと疑問を感じて家出してしまった時に、事件は起こりました。

 脇差しは往壓(養子)に捨てられる形で、往壓の名前とともに3人目の往壓(歳三)の手に渡ります。彼は武士になりたいという夢を持っていた少年(のちの土方歳三)ですが、やっぱり田舎・多摩出の百姓であり、“現在の自分を捨てたい”者のひとりだったわけです。

 かくして、三様の往壓の引き起こした騒動は、往壓(オリジナル)と往壓(養子)の選択によって決着します。

 母と暮らした15年。出奔して後の、25年というそれ以上の長さを生きた往壓は、その自分を捨てられないといいます。家を捨て、親友を殺し、逃げ続けて浮民にまで落ちた往壓が、あの時に浮民の証を消さなかったように、今度もまた現在の自分をこそ自分であると肯定したことになります。

 引っかかっていた家のことも片が付き、母ともきちんと別れられた。それでも……。年老いた母の願いを聞いてやれない男を、どう思う? と少女たちに質問します。「サイテー!!」と答える娘たち。

 客観的な目(アトル&宰蔵)で見なくても、自分で自分のことが解っている大人ということなんですね。若いとなかなかああは“解らない”ものです。

 思えば、逃亡していた25年という歳月は、現界(うつしよ)であっても往壓にとっては“異界”だったかもしれません。奇士になって、ようやく彼は逃げなくて済む、自分の居場所を見つけつつあるのかもしれません。アトルは往壓に「ここにいろ!」と言われてかろうじて今の自分をとどめていますが、往壓は長い間かかって自分自身でそれを獲得しようとしている……というお話なのかも。

 それよりもやはりスゴいのは、そんな男子の迷いやワガママを受け止める、母の偉大さ、というところでしょうか(これも、若いうちには気づきにくいものですが)。

 きっと、往壓(養子)も、あの人にとっては同じように大切な息子なのでしょうね。最後に戻ってきた彼を迎える時の表情がやっぱり素晴らしいのです。う~ん、いいお話でございました。


 こんなに面白いのに、「妖奇士」は打ち切りだという…… (´Д`;)


スポンサーサイト
ラクガキ「アリカ(蒼天の拳)」とOVA第2巻
2007/02/23(金) 06:18 
 蒼天つながりです。安直ですね~。

 OVA第2巻発売記念ラクガキです。今回はマシロちゃんがまったく出てこなかったんで、マシロちゃんファンのボクとしてはヒジョーに哀しいエピソードでしたが(^_^;。

舞-乙HiME/アリカ(蒼天の拳)
【クリックすると大きな絵が開きます】

 ハルカちゃんはやっぱりハルカちゃんで大満足。そしてなにげに今回の最大の見どころは、あのマイスターの大活躍じゃないでしょうか。
 TV版ではまったく出てこなかった能力でバリバリ戦いますからね~。

近況~
2007/02/20(火) 03:44 
 最近は竹本 泉さんのコミックスを買って電車の中で読んでます。こないだやっと『ねこめ~わく4』を買ってきました。今は『さくらの境』を読んでます。この人のマンガは、一度新刊を買い逃すと、近所で探すのが大変なんで油断できません(^_^;。

 紫堂恭子さんのコミックスも久しぶりに買ってみました。『不死鳥(フェニックス)のタマゴ』。やっぱこの人は面白いや。

 その他、舞-乙HiMEのコミック版でお馴染みの人たちの『聖痕のクェイサー』も読みました。これは絶対アニメになるね。乳吸う漫画。イイですねエロいですね。

 アニメの方はだいぶたまり気味です。『天保異聞 妖奇士』も観ていますが、アビちゃん編はどーにも感想が出てこないというか、書きにくかったのでスルーしています(^_^;。

 ところで、6巻が出た頃から話は聞いていましたが、『もっけ』が正式にアニメ化発表されたそうですね。キャストはまだ未定のようですが、ボクの脳内では妹の瑞生ちゃんは昔から斉藤千和さんで再生されてます。あー楽しみ。そういえば、瑞生と静流(みずき・しずる)といえば『ゲゲゲの鬼太郎』も第5期のアニメが制作決定とか。ネコ娘のデザインが今風ですが、誰がなんと言おうと、ネコ娘は第4期が死ぬほど可愛かった(・∀・)!


 ■ 新番組 『Yes!プリキュア5』(#01~03)
 新番組『Yes! プリキュア5』、すでに3週目に入っております。最初は馴染まないかな~と思ったんですけど、もう慣れました(^_^;。

 「うららちゃんには、特別に話しちゃおうかな?」

 話しちゃおうかな? じゃありませんよ(笑)!

 変身後で一番好きなのはキュアルージュ。変身前だとうららちゃんがサイコーです。うららちゃんは性格も可愛くて、お姉さんたちに守られる存在ってトコがいいですね。似てると言えば、「マックスハート」の時のひかりと立場的に同じですか。ひかりはイイ子すぎてピンと来なかったんですけど、うららはなんというか、いじらしくてイイじゃありませんか(^^)。

 いや~、放映前に公式サイトのキャラ紹介で「大いなる希望の力」「情熱の赤い炎」など、まあ4人までは解るとして、「はじけるレモンの香り」ってなんやねん、と笑っていたんですが、まさか番組内でセルフツッコミが入るとは思ってなかったですよ(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。