猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘンシン!
2006/09/26(火) 12:24 
 ■ 今週の 『仮面ライダーカブト』(#34)
 影山さんはヘタレ街道まっしぐら、ぼっちゃまは回を追うごとに憎めないキャラになり、いろいろ超展開の続くカブト……たいぶ矢車さんにオイシイところを持ってかれてるような気もしますが(;´∀`)。

 勢い余って、ものすごい久しぶりにおもちゃを買ってしまいました。ガタックゼクター。いやー。まさかこの歳になって変身ベルトを買うとはなぁ(^_^;。

 このアイテムがまた、ものすごいよく出来てるんですよ。音声も劇中の通りに出るし、大きさもほぼそのまんま。むしろ子供にはデカすぎるんじゃないか、というくらい。

 「キャストオフ!」と言いながらガタックのツノの部分をガシャン、と開く時、そしてボタンを1回ずつ押しながら「ワン、ツー、スリー」、そしてツノを戻して「ライダーキック!」。ああ~カッコええ('¬'*)。


 ついでに、というわけでもないのですが、ザビーゼクターもゲット。これで「オレのゼクター返せよぉお!」ごっこができますね……って、奪われる方なのかよ(笑)!


 ■ 今週の 『うたわれるもの』(#25)
 いや~、まさかラストが怪物対決になろうとは予想もしてませんでした(笑)。


スポンサーサイト
ラクガキ「舞ちゃん」
2006/09/19(火) 05:05 
 現在放映中の作品の中で一番のお気に入りキャラ「美翔 舞」ちゃんを描いてみました。

 プリキュアは前シリーズと打って変わって面白い良作に変貌を遂げたと思います。キャラ的には前作のなぎさも好きだったのですけど、毎週楽しみに見ているのはだんぜんSSの方です(・∀・)。


【クリックすると大きな絵が開きます】

 ファンの人は嫌がるかもしれませんが、そろそろ舞ちゃんが誰か男の子を好きになるエピソードなんてのも、見てみたい気もします。恋をしない女の子は、魅力の全部が見えないとも言えるわけで。

 健太はクラスメイトの女子のひとりとフラグが立ちそうなんですが……。これもまた中途半端に終わるんだろうなぁ。プリキュアSSはそういう作品ではない、と言ってしまえばそれまでですが、女の子向けの作品で“恋”の要素がほとんどないってのは、ある意味異常とも言えますよ(前作はなぎさと先輩の恋模様、というのが一応ありました)。


 さて、画像ファイル的には相当大きなものを扱ったのですが(A4サイズ・400dpiで取り込んだものを縮小なしでそのまま着彩したので)、ペインターがまるでストレスなく動いたのには驚きました。ただ、マシンが速くなったせいか、初代のインテュオスでの塗りの感触がかなり違和感あって、ぜんぜん思い通りに塗れなかったんですよね(´;ω;`)。Photoshopオンリーで描いたこないだのマシロちゃんは快適に描き上げたのですが……。こりゃ、いよいよインテュオス3を試してみるべきかなぁ。

 むう、単なるラクガキに2日もかかった……(^_^;。

天然舞ちゃん / 『ふたりはプリキュア Splash☆Star』
2006/09/15(金) 02:45 
 ■ 今週(#31)の感想
 いやー。前々から舞ちゃんイイ、と思ってましたけどね。

 今回は、健太と宮迫くんのコンビが放つギャグがサッパリ理解できなくて、終始ぽか~んとしていたトコロがすんごい可愛かったですよ('¬'*)。チューしてやろうか。

 「わたし、ギャグってよくわからないけど……」

 いいですね~。ますます惚れた! 夏前あたりからずーっと舞ちゃんを描きたいと思い続けているのですが、なかなか実現できません……(´;ω;`)。

 って、おお、エンディングが変わりましたね。動きが可愛いぞっ('∇'*)。歌に合わせて踊るアニメって、好きなんですよ。何度でも見てしまう(^_^;。コメットさんとかね。


ようやく
2006/09/06(水) 04:08 
 いや~。夏コミ前から溜め込んでいたアニメを、ようやくすべて消化しました。これで残っているのは「仮面ライダーカブト」だけです。しかし7週分…orz

 そういえば今日、Web拍手のコメントで先日描いた「吉永さん家のあべこべ兄妹」の感想をいただいたのですが(ありがとうございます!)、それで思い出しました。原作の2巻のラストで、どうもあそこの家族はみんなで一緒に入るのがフツーらしいことを匂わせる描写があったんですね。

 予想はしてたけど、やっぱりかい!(;^ω^)。

 ……ちなみにまだこの2巻までしか買っていません。そして今はなぜか「アリソン」のシリーズを読んでいます。友人が送ってきてくれたものをテキトーに引っつかんで読み出したら、実はそれがシリーズ第4弾?の娘ら(リリア)のエピソードで、今は新鮮な気持ちで「III」を読んでいます。


 ■ 最近の 『僕等がいた』(#07~09)
 どんなに表層がバカップル描写に満ちあふれてこっぱずかしくても。

 この作品には、底の方に“死”の残り香が漂っています。これが絶妙なエッセンスになっていて、あいかわらず目が離せません。普通の作品だと、「これからどんな事件が待ち受けているんだろう」という期待感で話を引っ張るのですが、この作品はそんな大事件は「すでに過去にあったこと」となっていて、今の登場人物たちの行動に影響を及ぼし続けている……というところがオモシロいのです。


 ■ 先週と今週の 『桜蘭高校ホスト部』(#22~23)
 笠野田くん編のここ2週は(も)、ヤケに面白いです(^_^;。

 殿のバカさ加減が楽しくて楽しくて(笑)

 感動をありがとう、ボサノバっち。アッハッハ(・∀・)!


 ■ 先週の 『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル!~』(#22)
 真菜ちゃんに年下の男の子!Σ(゚Д゚;)

 そうきましたか! 尊敬する空手の師匠……という絡みですけど、イイ、イイですぞ!

 今回の真菜ちゃんは、心なしか控えめな胸のあたりがツンツンしてて、ほのかに“女の子”っぽかったように思います。ふたりの歳がちょっと離れすぎてるような気もしますが、彼女にふさわしい男になるために、ユウキくん、ガンバレ(・∀・)!


 ■ 今週の 『うたわれるもの』(#22)
 うおお、なんかすごい予想もしない展開に(^_^;。

 ハクオロさん……(´Д`;)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。