猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商店街よ永遠に /『吉永さん家のガーゴイル』
2006/06/27(火) 09:42 
 ■ 最終回(#13)の感想
 ブラボー!!!! ヽ(´▽`)ノ


 …もうほとんどこんなくらいしか言うべき言葉がないです。素晴らしかった(´д⊂ヽ。
 シリーズ全体で積み重ねてきたキャラクター描写、その関係、これらが見事に最終回に集約されていて、“ご町内ハートフルアニメ”の名に恥じない最高のエンディングになりました。

 普通の作品はストーリーとか伏線が最終的な盛り上がりに繋がります。でもこの“ガーゴイル”はちょっと違ってて、キャラクターへの思い入れを視聴者の中に積み上げていくことで成功するタイプ。それだけに、ボクのように「ハマった人」にとってこれ以上に感動的な最終回はありません。

 まさにボクが好むタイプの作品です。第1話で「これは!」、と直感した自分の感覚が正しかったというよりも、全13話が奇跡に近いクオリティと構成でまとめられている、そのことが“ガーゴイル”のエライところだと思うんですね。


 オシリスの中で花子にもう一度会えた双葉ちゃん。商店街が好きな百色。坊ちゃんと奇妙な関係になってるイヨさん。妹の双葉ちゃんや家族をとても大切に思ってる優しい和己クン。修理されるの2度目のケルプ(笑)。ガーくんのピンチに駆けつけた犬猫たち。シリーズ通して1度もしゃべらず、最後の最後で大切なひと言を口に出して聞かせてくれたママ殿。

 最終回でそれぞれが見せた行動とその結果は、それまでのエピソードでキャラクターがしっかり把握できているから、セリフや描写が足りないように見えても充分に解ってしまうんです(^^)。


 ……どっかの回し者か、というくらいべた褒めですが(^_^;。

 そのくらい、近年まれに見る良作だったと言いたいワケです。
 個々のエピソードもさることながら、シリーズを一本のパッケージとして見たときにこれほど完成度が高い作品は、本当に希です。

 ええい、名作認定 (・∀・)!


 ホンキでDVDシリーズ揃えようかしら(;´∀`)。


◆ 「吉永さん家のガーゴイル」関連・過去記事一覧 ◆
#01「吉永さん家の石ッころ」
#02「激突!天使と悪魔」
#03「盗まれた少女」
#04「鏡に映らない心」
#05「山の歌声」
 -#05補足 & CG「双葉ちゃん&ガーくん」
#06「もう君の歌は聞こえない」
#07「梨々恋しや首なしデュラハン」

#08「銀雪のガーゴイル」
#09「怪盗梨々」
#10「商店街狂想曲」
#11「人形がみつけた赤い糸」
#12「夫婦喧嘩も祭りの華」
 -ラクガキ漫画「吉永さん家のあべこべ兄妹(1)」
#13「祭りよければ終わりよし!」
スポンサーサイト
影踏みルール /『ARIA The NATURAL』
2006/06/26(月) 23:43 
 ■ 今週(#13)の感想
 アリスちゃんの自分ルール。

 そばを歩いて影を作ってくれる人が常にいたならば、影踏みは簡単なことでしょう。でも、それじゃ本人のためにもならないですし、アテナ先輩のような距離の置き方……というかピンチの時にさりげなく、な「アリスちゃんの味方気取り」的手助けの仕方というのがベストかもしれません。

 ホント、このふたりはイイですね~。
 アリスちゃんは、この第2期シリーズで好みのエピソードが多くてますます気に入ってしまいました(^^)。今回の“自分ルール”も 彼女らしからぬ(むしろ“らしい”か?)子供っぽさで意外でしたし、可愛い可愛い。

 見守ってあげたくなるというか、アテナ先輩の気持ちがよく解るというか。
 …そういえば藍華ちゃんと晃さんのエピソードが今期は少なかったよーな。


 いつもと同じ格好なのに、影を踏んで“跳ねる”アリスちゃんの絶対領域がやけに目にまぶしいのなんの('¬'*)。


 全13話かと思ってて、そのつもりでレートを決定してたのに、来週も放送あるみたいですね。嬉しいけど、どうしよう(;´∀`)。


ラクガキ「吉永さん家のあべこべ兄妹」
2006/06/24(土) 23:06 
 息抜きにちょっとラクガキな感じの1pマンガを描いてみました。

 もうあと数日で最終回放送かと思うとさびしいな~(^_^;。


吉永さん家のあべこべ兄妹(1)
【クリックすると大きな絵が開きます】

 原作は読んだことないので、もしかしたらフツーに一緒にお風呂入ってたりするのかもしれませんけど(^_^;。

 絵の方のコメントにも描きましたが、このままエロマンガ風ストーリーになだれ込むとしてら、双葉ちゃんが「めんどくせーから一緒に入っか」ときて、和己くんのアレを見て「あいかわらず男女のクセにでっけーよなー」(←今勝手に作った設定)とか言い出して……というお約束な展開で。ぬはぁ。

 くそっ、いっそのこと委託でコピー本出してしまおうか(^_^;。

ママ殿の涙 /『吉永さん家のガーゴイル』
2006/06/21(水) 02:52 
 ■ 今週(#12)の感想
 悲しむママ殿の心中は、いろいろ複雑なんでしょうなぁ…。

 パパさんは“友だちのために”、ママ殿を含めた商店街の人たちを裏切る行動を選択。義にあつい人柄がうかがえると同時に、自分が正しいと信じたことは、なにがあっても曲げない意志の強さも感じさせます。きっとママ殿も、そんなパパさんのことが大好きなんじゃないかと思えるんですね。それだけに、哀しくて悲しくてしょうがない。

 単純に怒ってるからママ殿が頑なだ、というわけじゃないんですよ。きっと。

 あれだけ徹底的に(視聴者にとって)しゃべらないキャラであるにもかかわらず、じつに強烈に伝わってくるあの感情。「話し合いを」と勧めるガーくんは、そのあたりが微妙に解ってないのかもしれません。ママ殿は、今回の事件がある意味“どうにもならない”ことだというのを、誰よりもよく理解しているのではないでしょうか。

 さて細かいところでは、「食い物もロクにノドを通りゃしない」とのたまいながらパクパク塩饅頭を食べてる双葉ちゃん、座った安楽椅子が重心の偏りで後方に傾いた状態でしゃべるガーくん、ぬけぬけと「若い娘」と自称するイヨさんに「急いでいるのでツッコミません」と返す金澤、「オシリスあってのワタシでーす」と言われて密かに新ダンスの練習を始めてみたりするオシリスのラブリーさとか、じつにイイですね(^^)。

 来週は商店街がまた大騒ぎになりそうです。ひょっとすると、第1話の冒頭のスペクタクルな「アニキー!」のシーンはここに繋がるのでしょうか?
 オシリスもケルプも姿を消したし、役者が揃うための伏線はすべてそろっています。楽しみですね。

 って、来週もう最終回ですか!?(´;ω;`)

 スタッフブログによれば、第二期はDVD売れたら作るって……ガンバって買うにしてもなぁ。DVD第1巻が、1話のみ収録で3600円はさすがに高いですよ(´д⊂ヽ。


次の記事を読む→ #13 「祭りよければ終わりよし!」◆
今週のちょろっと
2006/06/21(水) 02:51 
 『はやて×ブレード』読んでます。

 巻数が進むうちに脳内で、はやての声がなんとなく齋藤彩夏さん(桜蘭のハニー先輩だ)の声で再生されるようになって、「そりゃいくらなんでもチビッコすぎるだろー(;´∀`)」とひとりツッコミを入れてたわけですが……。

 4巻についてた帯にドラマCDのキャストが載ってるじゃありませんか。なんとはやては間宮くるみさんだー!!

 系統同じじゃないか(笑)。そうなんだ(^_^;。
 五十鈴の能登麻美子には、「おおっ、なるほど」と思いました(・∀・)。


 ■ 今週の 『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル!~』(#12)
 第2シーズンに入ってからほとんど挿入されなくなった、亡くなったお母さん関連のエピソード。やっぱ反則的に心に染みますね(´д⊂ヽ

 ポイントは、一番下の妹であるところの琴ちゃんだけが、お母さんの面影をほとんど記憶にとどめていないところ。お母さんの思い出を語る家族に、「教えて教えて」とせがむあたりがホントに泣けます。地味ですけど、そんなツボを押さえたシーンで締めくくられた今回のエピソード。

 たまにあるとイイもんだ。


 ■ 今週の 『うたわれるもの』(#11)
 いったんは切ろうと思ったのになぜ見続けていたのかというと、ボクが問題にしたハクオロ氏の決断が、ひょっとすると彼の失われた過去と密接な関わりがあるのではないか、と感じたからなのです。

 ハクオロ氏、普段は優しいですけど、記憶を失う前はじつはものすごく好戦的な人だったんじゃないか、とかね(^_^;。

 いままでカケラほども出てこなかった過去の断片。
 さあ、どうなりますことやら。


サンクリ告知~
2006/06/16(金) 12:04 
 今週末のサンシャインクリエイション32で発行される2冊のオフセ本にゲスト参加いたしました。

 ねことはと様キミキス本 『キスキスキス』
 はるまん会涼宮ハルヒの憂鬱本 『涼宮ハルヒの少女 Preview』

 となっとります。よろしくどうぞ m(_ _)m


 下は、ねことはとさんの本に寄稿したイラストの一部です。

摩央ねーちゃん
【摩央ねーちゃん 左:ラフ 右:原稿】

 左がラフで、これを下敷きにトレスしてクリンナップしたものを原画に使い、完成したものが右です。ペン入れでここまでガラリと絵の雰囲気が変わるのも珍しいというか、別人が描いたようにさえ見えますな(笑)。


 で、下がはるまん会の本に寄稿したマンガ(4p)の一部です。

ハルヒ
【クリックすると大きな絵が開きます】

 前回のサンクリ31の時に発行したコピー本に載せた4pのラフマンガの完成版となります。
 画像をクリックすると一応もう少し大きな絵が開きますが、これがマンガの中の唯一といっていいエロコマだったりします(^_^;。18禁ということで閲覧の際はご注意を。

人形がくれた小さな幸せ /『吉永さん家のガーゴイル』
2006/06/14(水) 12:19 
 ■ 今週(#11)の感想
 先輩との仲を取り持つ……というところまではいかなかったけれど、大切なクリスマスの思い出を作ってくれた、小さな手作り人形のお話。

 錬金術というよりは、呪術の部類に入りそうなカンジでしたけどね(笑)。イヨさんもなんであの毛糸玉を売っちゃうかな(^_^;。

 それにしても先輩に恋する女の子の話って、どうしてこう切ない結末が多いんでしょうか(^_^;。こないだのスクラン(バスケ編)もそうでしたけど。ま、そこが甘酸っぱくてイイわけですが。だから後輩キャラって好きなのよ(´∀`)。

 お兄ちゃんの和己くんは、いつもおいしいトコ持ってくし、優しいし美形だし、とてもいいキャラなんですけど、お約束のようにニブチンですな(;´∀`)。くそう、もどかしい。妹の双葉ちゃんも、彼に輪をかけて男女の関係や恋心の機微にはうといようでございますが(笑)。

 双葉ちゃんに好意を寄せているらしい男の子も以前チラと登場しましたけど、彼女にはまだまだそういうの、早いようで(^_^;。
 まさに、色気より食い気

 今でこそケーキなんて食べたい時にいつでも買えますが、ボクが子供の頃なんかはやっぱ特別なごちそうで、クリスマスなどのイベントは楽しみでしたねぇ。
 希望どおりにイチゴたっぷり乗せたどでかいケーキを独り占めの双葉ちゃんが微笑ましい&うらやましい(^^)。

 ……そういえばこないだの「錬金3級まじかる?ぽか~ん」もこの時期にクリスマス話でしたなぁ(今週はスキーに行ってたし)。

 来週はどうもママさんとパパさんがケンカするお話のようですが、しゃべらないママさんをどう演出するのか、今から楽しみです。


次の記事を読む→ #12 「夫婦喧嘩も祭りの華」◆
まとめ~
2006/06/14(水) 12:18 
 ■ 最終回 『MAJOR メジャー』(#26)
 終わってしまった~(^_^;。

 海堂編といっても、実際に海堂に入学したのって2クール目ですから、ずいぶん密度の濃い26話だったですね。半年やって、半年再放送のローテーションが完成してる……。次の第3期は12月からだそうで。


 ■ 今週の 『Fate/stay night』(#23)
 な、なんとォ! ここまで来て凜がぁ!(´Д`;)


 ■ 今週の 『BLACK LAGOON ブラックラグーン』(#10)
 最後は肉弾戦で決着(´Д`;)。お約束といえばお約束ですが、その内容たるや、女性ふたりのものとは思えない壮絶な殴り合いに

 残り話数からすると(1クールですよねぇ?)、双子は出ないっぽいですね。2期があるといいなぁ。


 ■ 今週の 『うたわれるもの』(#10)
 ものすごい力の持ち主であるところのカルラさん登場。んでも、こちらはどこぞのターミネーターメイドさんとはちがって、おっかなくはないですね。

 あのデカいあんちゃんとの間にフラグが立ちそうな雰囲気ですけど、そうなるといいなぁ。


 ■ 今週の 『仮面ライダーカブト』(#20)
 個人的には先週あたりからグダグダでビミョーな印象が……(^_^;。同じぐだぐだでも、料理対決とかやってた頃は楽しかったんですけどねぇ。


 ■ 再放送 『トムとジェリー』
 テレ玉で始まった再放送。一瞬、昔の放映バージョンかと思ってドキドキしたんですが、やっぱりメディアで発売されている方のバージョンだったようで(´・ω・`)。やっぱりトムさんは八代 駿さんじゃないとなぁ。

 短編の3本立てですが、真ん中もやっぱりトムとジェリーで、ドルーピーとかは見られず。うーむ。残念。


長門有希(バニーガールver.)
2006/06/09(金) 15:04 
 世界はハルヒを中心に回っているように見せかけて、構造的にも「はたしてそうかな?」と思わせる点があってなかなかに興味深い『涼宮ハルヒの憂鬱』。そしてなんだか原作の方だとやたら長門が優遇されてるようなカンジがする今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

長門有希(バニーガールver.)
【クリックすると大きな絵が開きます】

 さて、エヴァの綾波などに代表される無感情系の女の子ってのは人気ありますが、この長門にはなんというのでしょうか、より人形的な儚さとを感じるといいましょうか。人形っぽい、わけではなくて、まさに造られた存在である彼女に訪れた感情らしきものの萌芽、というところになにかこう、胸をしめつけられるような愛しさを感じるのです。

 京アニ制作のアニメ版はよくできていますけども、こと長門に関しては、動きやセリフが少ない(さらにいえば、キョンによる彼女の描写が少ない)ためか、魅力の伝わり方が今ひとつのように感じます (それは今週のアクションを観た後でもそう)。

 この短い文面で長門の良さを説明し切ることはボクにはできません。そもそも、それが可能なくらいなら、単行本何冊なんていう“作品”がこの世にある意味がないですからね。実際読んだらね、そりゃ長門にハマりますわよ(^_^;。

 ま、原作とアニメは別ものとして、それぞれの良いところに着目して観ればいいということではあるのですけども。友人曰く、みくるや古泉はアニメで魅力が倍増したそうですからね(^^)。

さらば碧き日々の…
2006/06/09(金) 12:29 
 ■ すでに先週の 『MAJOR メジャー(第2期)』(#25)
 「そんなゴローくんが好きなんだ」

 最後の寿也くんのモノローグとカットの絵にホロリときそうになりました。
 海堂編とでも言えばいいのでしょうか。えらい中途半端なトコロで終わるようなので、これはもう間違いなく第3期をやるのでしょう(^_^;。


 ■ 今週の 『桜蘭高校ホスト部』(#10)
 本当にアホだこいつら(笑)。

 冒頭のいかにも漫画的な超貧乏ハルヒ宅が、まさか殿の夢オチだったとは(^_^;。

 お父さんに“敵”と見なされたということは、つまり一番ハルヒと親しく、そして近い位置にいるということだと思うんだ。がんばれ殿。


 ■ すでに先週の 『BLACK LAGOON ブラックラグーン』(#09)
 おっかないメイドさん登場。

 ダッチの腕を掴んで車から引きずり出す、驚異的な膂力。メイド服の生地の上からでもそれとわかる鉄のような腕の筋肉(´Д`;)。

 作画は絵そのものもそうですが、動きのタイミングなど含め、ヒジョーに高クオリティで、アクションがウリのアニメとしてまったく申し分ないです。


 ■ 今週の 『機動戦士ガンダムZZ(再放送)』(#?)
 主役メカ交代、プルも登場して中盤にさしかかった「ZZ」。

 この2クール目は、“リィナを救出しに行くんだけどそのたびに失敗”という、お気楽そうな作品なのにアンハッピーエンドのコンボが続きます。後半のクールになるとフツーにシリアス展開だし。

 そのはっきりした切り替わりって、ゴットンがいなくなったあたりからだと思うんですけど、考えてみると次のエピソード、「泣き虫セシリア」の後編でたしか死ぬんですよね……。もうすこし活躍してた印象があったんですけど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。