猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと早いけど総括
2005/09/30(金) 13:47 
 F1の話題です。
 ブラジルGPではF.アロンソの最年少チャンピオンが決定しました。決まるまではもう少しもつれてほしかったなぁ、と思いますが、経過からいってチャンプは当然の結果ですね(^^)。
 ミスらしいミスも少なかったですし、ライバルがトラブルやミスで消えていくレースでも確実に表彰台に上がる堅実さ。これはもうチャンピオンとして認めるしかないでしょう。残念なのは、今年のフェラーリが弱すぎたことくらいですか。

 ライコネンもマシントラブルには泣かされましたが、10グリッド降格がわかっていてもポールを獲ってしまうタフな精神力には賛嘆の念を禁じ得ません。アロンソとライコネンのふたりが台頭し、シューマッハーに取って代わる若い世代の代表格と言われるのもうなずけますね。このふたりの予選の走りは、悪評高い最近の予選システムの中でも見てて面白い。システムが変更になれば、もっと熾烈でエキサイティングな戦いが見れそうでワクワクします(^^)。

 個人的に応援していて、今年の最初でも開幕3戦以内に優勝すると予想したら、見事に勝ってくれたフィジケラはその後、期待したほどふるいませんでした。これは残念……。もうちょっとイケると思ったんですが。そういえば彼はフェラーリ入りを熱望していましたが、今回バリチェロが移籍するという話になった時に名乗りを上げなかったのでしょうか。ボクが知る限りその噂が聞こえてこなかったのは不思議な気がしますけど。

 去年初開催のバーレーンGPで、「なかなかコイツ元気いいな」と感じて、それ以来個人的に応援していたC.クリエン。周りの友人の誰に言ってもピンと来てないようで悲しかったのですが(^_^;、今年はチームにも認められて、鳴り物入りでやってきたリウィッツィを退けてシートを確保し続けているので、「それ見たことか!」とひとり悦に入っています。

 ウェバーと比較されたジャガーでは力を発揮できず、ウィリアムズに戻ってきたピッツォニア。テスト走行でやはり速さをアピール。判官贔屓の気があるボクとしては、がんばってほしいな、と思っていたドライバーでした。
 しかしハイドフェルドにシートを奪われ、発表会で赤い目で登場した彼は、ちょっとプロのドライバーに必要なメンタルを備えてないのでは…とも感じました。現在、ケガをしたニックの代わりに走ってますが、今回のブラジルGPでのスタートは、仮に彼のせいではないとしても印象としてはあまりよろしくなかったのですが、大丈夫なのでしょうか(^_^;。

 大丈夫か、といえば佐藤琢磨です。だいぶ前のウチのサイトの日記にも書いたことがあるのですが、彼のドライバーとしてのキャラクターは、“レーサー”を愛するフランクおじさんの好きそうな感じだけどなぁ、と思うのですが、まちがってウィリアムズに行かないかなぁ(^_^;。ウェバーを雇い続けるよりよっぽど良いような気がするんですけどねぇ、個人的には。

 あとはブルツですか……。
 レッドブルあたりで復活してくれるかと思ってたんですけどねぇ。まちがってどっかでブルツ&琢磨コンビが成立したりしたら、ボクぁ狂喜乱舞するんですけど(笑)。

 BARホンダの来年の体制はみなさんもご存知のとおり、バリチェロ&バトンのBBコンビ。レースをするホンダには多少なりの愛着はもちろんあるのですが、ボクの場合は第2期F1プロジェクトの時もリアルタイムで見てるわけではありませんし、ぶっちゃけトヨタと同程度になりました(逆に言えば、琢磨がいない今、応援する理由がなくなりました。ジャック&パニスの時代に戻ったというカンジ)。
 BARはレースチームを引っ張るものや人が今なにもない状態に見受けられます(メンタルが定まっていないというか)。この上、マシンを作れるドライバーがいなくなるわけですから、来年もあまり期待できないのではという気がします(来季はエンジンがV8になって全体的にパワーが下がりますから、久しぶりにエンジンパワーだけで勝てるF1が甦るかもしれませんけどね。そうなったらどのチームが頭ひとつ飛び出るかまったく予想がつかないのはたしかですけど)。

 チームが売却されてしまったミナルディ。愛されてきたチームの消滅は悲しいことですが、名前だけを残そうというファンの行動にはボクは反対です。実質中身が違うんだし(ストッダート氏のようにミナルディチームのあり方を変えずに参加するんであればともかく)、むしろ愛すべき弱小チームのミナルディは、潔くその名と歴史を同時に閉じてしまった方が良いと思います。レッドブルの経営のおかげで仮に優勝しても、それはミナルディとしての勝利とは言えないと思うんですよ。


 まだシーズンは終わってませんけど、なんとなく2005年の総括といったカンジの内容になってしまいました(^_^;。
 実は今年一番の大事件であったアメリカGPの映像がいまだにHDDレコーダーに残っています。琢磨が表彰台に立つレースがあったら、それといっしょに1枚DVDを焼こうと思っていたのですが、ついに現在までその機会は訪れませんでした(T_T)。しょうがないので、後にも先にも最後になりそうな鈴鹿生中継を録っておくことにしましょうかね……。ていうか、琢磨が奇跡を起こしてくれることを願っていますよ。2002年の初ポイントの時は本当に興奮しました。

スポンサーサイト
送り出す希望 /『タイドライン・ブルー』
2005/09/30(金) 00:54 
 ■ 今週(#11)の感想
 大人と子供の和解、というテーマで進められてきたこの作品ですが、今回のティーンとグールド艦長の関係は、あれはまさに父と子のそれに他ならないでしょうね。グールド艦長は真っ向からティーンたちが自分と意見を違えても、それを受け入れる人だということです。

 たとえ未来がどんな形になろうとも、子供たちが希望を捨てず、自ら切りひらいていくことそのものに価値があると解っているからこそ、彼は笑顔でティーンたちを送り出したのでしょう。父としては満足なのだと思います。自分の正しさに石のような自信を持っているわけではないでしょうが、礎となることに信念と誇りを持ち、戦う彼がカッコイイと思います(ああいうタイプ、好きなのですよ(^_^;)。

 このエピソードを見ると、エンディングの最後のティーンの敬礼シーンが活きてきますね。本当にこのEDはイイなぁ……(´д⊂ヽ

 しかし、放送は残すところあと1話。#13はDVDのみに収録とはまた(´Д`;)。
 せっかく良い作品になりそうなのに、もったいない。てっきり2クールあるものとばかり思ってましたよ。

変しい変しいゆりえ様 /『かみちゅ!』
2005/09/29(木) 18:54 
 ■ 最終回(#12)の感想
 終わってしまいました。
 できることならもう少しゆりえちゃんたちとまったり過ごしたかったですが、まあこのくらいがちょうどいいのかもしれません。
 素朴な冬のセーラー服は、感じがいいですね。レギュラーの中では光恵ちゃんだけストッキングってのもマニアックでイイ。

 やっぱ三宝に載せられてお供えされてるバレンタインチョコ、というのは変だ(笑)。
 八島様、微妙に嬉しそうで良かったですねぇ、みこちゃん(^^)。(あぶって味噌、というのは……(^_^;?)

 ああいう若い子たちの「大作戦」話って、いいですね。これこそ、中学生が主人公である醍醐味、というカンジがします。
 強引な話の展開のようにも見えますが、これは今回に限った話じゃないし、楽しめました。ていうかですね……。

 くそう、いい話にしやがって。おもしろかったじゃねーか(・∀・)!


フェスタ DE FUN×FAN
2005/09/24(土) 19:43 

 友人のお誘いで行ってまいりました。ホンダ・朝霞研究所のイベント「フェスタ DE FUN×FAN」

 F1マシンが見れるかも……あと、響鬼さんショーもあるし、マギー司郎も来るし、っつーことで出かけたのですが、あいにくの雨で響鬼ショーはどうやら中止だった模様 orz くそっ、響鬼さんと握手してこようと思ってたのに(^_^;。

ホンダ 006

 F1マシン(たぶん006)は、非常にわかりにくいところにあったので、探すのに手間取りました。
 イベント開始すぐの時間に行ったのでほとんど周りに人がいなくて、撮影には好都合でした。

 いっしょに行った友人はF1マシンを間近で見るのは初めてだったらしく、「意外と大きい」と言ってましたが、たしかにTVで見るよりは大柄に見えます。でもこれで重さは普通乗用車の半分程度(500kg切ってるでしょう)。いいな~欲しいな~。


8耐バイク

 いっしょに並べられていたのは、一昨年の鈴鹿8耐に出たバイク「仮面ライダー555」カラーリングのマシン。


555/カイザ ヘルメット

 ヘルメットも、ファイズとカイザの二種が展示されていました。
 カイザの方は普通に売り出しても売れるんじゃないかな(^_^;。


トライアル

 トライアルのデモンストレーション。バイクのパフォーマンスは見るの初めてなんですが、実際に見ると迫力ありますね。これは実際の競技を観戦するのも面白いかもしれない、と思いました。


トライアル

 小林直樹さんの軽妙なトーク、現役の小川友幸選手のパフォーマンスと、なかなか楽しいデモでした(^^)。

 その後はマギー司郎氏のステージとASIMOをちょっと見て終了。
 かえすがえすも響鬼ショーが見れなかったのが残念(;´∀`)。
 響鬼さんのバイクはありましたけど。

まだ終わらんよ!? /『機動戦士Zガンダム』
2005/09/24(土) 02:28 
 ■ 最終回(#50)の感想
 東京MXで1年にわたり放送してきたZガンダムが終わりました。
 この歳になって見ると、けっこう終わりの方はぐだぐだだったなぁ(^_^;。
 そしてなにも終わってねぇ……(笑)。やっぱ「逆シャア」を観ないとダメみたいです。

 つか来週から、また「機動戦士ガンダム」ですか!
 ZZやってよぉ~(´Д`;)。

エリス大好き(・∀・)
2005/09/23(金) 01:49 
 DVDを見返すたびに描きたくなるほど可愛いのがこのエリスでして(^^)。こういうツンツンした髪の毛の子って好きなんだなぁ。

 声を担当してらっしゃる鶴野恭子(現:石村知子)さんのボイスがまたいいんですわぁ(*´д`*)。

 今回はモロ、エロゲーのワンシーンのようなそれっぽい構図で描いてみました。たまにはこんなのもいいかなぁ、と(^_^;。(↓完成版はサイトの方で。clickするとサイトへジャンプします)

ギア戦士電童/エリス・ウィラメット
【クリックすると大きな絵が開きます】

 810,000hitとかいうと「キリ悪っ!」と思われる方もおられるでしょうね(^_^;。ウチのサイトのカウンタ回るペースだと、だいたい1万ごとに新作CG描くくらいがちょうどいいカンジなので、伝統的にそれでやってきてるんです。

 永久にないだろうとは思いますけど、1日1万hitとかになったらもちろんそんなことはやめますが(笑)。

まとめていっちゃう
2005/09/22(木) 08:21 

 ■ 今週の 『タイドライン・ブルー』(#10)
 「なにかいい方法があるはずなんだ!」

 やっぱいいですね、子供すぎず、ちょうどいい「少年」のもどかしさのぶつかり(^^)。大人が捨てられないこだわりやしがらみを、もう一度純粋な“若さ”が見つめ直すというこの構図!

 いま一番ホットな作品ですよ(・∀・)!

 ■ 今週の 『フルメタル・パニック TSR』(#09)
 今回はかなめちゃんの「心細さ」がよく出てました。行動力があるんだけど、弱さもちゃんとあって、今まではそこを宗介がカバーしてたんですが、彼がいなくなったところで噴出する不安。
 落ちたとき、痛くて動けない苦しいカンジがよく出てました。いい演出です。

 あのこわいねーちゃんですが、素人のかなめに対してあの攻撃の数々は……ちょっとお粗末すぎるような(^_^;。

 ■ 最終回 『バジリスク 甲賀忍法帖』(#24)
 ……まあ、わかっちゃいましたけど悲劇的な終末 orz
 緩急のある描写が好感触。クオリティも最後まで維持されましたし、なかなかの良作でした(^^)。

来るべきものが来たか
2005/09/22(木) 06:02 

 琢磨、来季シート喪失です orz

 ボク、7月の連戦の時に「この中のどこかで結果を出さないと来季厳しいだろう」と周りにもずっと言ってたんですね。
 ですから、先日のベルギーGPまでに少しずつ心の準備を整えてきました。おかげで、「ああ、やっぱりな」という程度でショックを受けずにすみました。

 バトン離脱を想定してのバリチェロ獲得だったのかもしれませんが、バトンが残留するってんなら、このふたりで戦わせる方が良いってことなんでしょうね。それはそうだろうなぁ……(-_-;)。
 他のチームに移籍ったって、ホンダが見放すぐらいだから、どこも取っちゃくれないでしょう。たしかに琢磨には運がなかった。でも、運の悪さだけじゃすまされない数多くのミスを重ねてきたのも事実。残念ですが、我々ファンもそれを受け入れなければならない時がきたようです(T_T)。

 だいたい、今年最初の1~2戦目から兆候があったんですよねぇ。ホンダの関係者のインタビューを見てても、琢磨については「期待してない」という態度が見え隠れしてました。琢磨が良い成績を出せたら、それは「ボーナス」というか「もうけ」みたいなニュアンスで話してましたもん……。ヤバいなぁ、とは思ってましたさ(だからこそ、7月が最後のチャンスだと思ってたわけですが)

 こうなったら、せめて生中継の鈴鹿で有終の美を飾ってくれぃ。
 見届けるぞ……!

ダメ人間アワー /『かみちゅ!』
2005/09/21(水) 03:40 
 ■ 今週(#11)の感想
 ……ついに30分コタツから出なかったな、ゆりえちゃん(笑)。


(c)ベサメムーチョ/アニプレックス

 新聞の見出し「裁鬼の年 明けて」 ……裁鬼!? Σ(゚Д゚;)
 大和からの年賀状「脱・大艦巨砲」(笑)
 先週から引き続き「パンチラ」
 大凶のおみくじ・金銭運「ネコ注意」(笑)

 ボクらが小中学生当時の旧札が出てきましたね。
 こないだまでのお札(5千円札が新渡戸稲造)は、1984年かららしいですから、「かみちゅ!」はそれ以前が舞台ということになりますね。


(c)ベサメムーチョ/アニプレックス

 しっかし、祀ちゃんも光恵ちゃんも出演声だけかい orz

 地上波は来週でどうも終わりのようです。
 みこちゃんの、三宝に載せたバレンタインチョコ(To 八島様)がいじらしくて可愛えぇ……(*´д`*)!

ラクガキ「ギア戦士電童」エリス
2005/09/20(火) 19:28 
 「ギア戦士電童」のDVDは、初登場回を含むエリスの活躍するエピソードが集中しているvol.3と5だけ持ってまして、よく見返します(^_^;。

 キャラデザの久行さんご自身がどう思われているかは存じ上げませんが、エリスはやっぱこの髪の毛がツンツンしてるデザインの方が好みです(・∀・)。個人的には、成長して髪を下ろしたエリスが進化したのが「舞-HiME」の奈緒じゃないかと思ってて、こちらは大好きだったりするんですけどね(^^)。



 このラフはクリンナップして近日、サイトのギャラリーにUPする予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。