猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藍華ちゃんの髪が!/『ARIA The NATURAL』
2006/08/14(月) 11:28 
 ■ 最近(#18~19)の感想

 この2週は藍華ちゃんのお話。

 不幸な事故で髪を切る → 風邪をひく、のコンボで、精神的に不安定になった藍華ちゃん。普段からはまったく想像できない彼女の涙ですが、今回ばかりは気持ち解りすぎます(´;ω;`)。

 風邪ひくと、ただでさえ普段よりも弱気になるのに……。髪が短くなったこと、いつも一緒のはずの仲良しグループに自らの姿がないことを意識し、“自分”が揺らいでプチパニック、といったところでしょうか。

 2週をかけたこのエピソードの流れ。ラストはアルくんに優しい言葉をかけてもらって微笑む藍華ちゃん。素直に“よかったねぇ”と言えますよね(^^)。その「安心」に共感です。

 ……そういえばメインキャラの髪型って、ロングかショートかのどっちかしかないよーな。

 

スポンサーサイト
影踏みルール /『ARIA The NATURAL』
2006/06/26(月) 23:43 
 ■ 今週(#13)の感想
 アリスちゃんの自分ルール。

 そばを歩いて影を作ってくれる人が常にいたならば、影踏みは簡単なことでしょう。でも、それじゃ本人のためにもならないですし、アテナ先輩のような距離の置き方……というかピンチの時にさりげなく、な「アリスちゃんの味方気取り」的手助けの仕方というのがベストかもしれません。

 ホント、このふたりはイイですね~。
 アリスちゃんは、この第2期シリーズで好みのエピソードが多くてますます気に入ってしまいました(^^)。今回の“自分ルール”も 彼女らしからぬ(むしろ“らしい”か?)子供っぽさで意外でしたし、可愛い可愛い。

 見守ってあげたくなるというか、アテナ先輩の気持ちがよく解るというか。
 …そういえば藍華ちゃんと晃さんのエピソードが今期は少なかったよーな。


 いつもと同じ格好なのに、影を踏んで“跳ねる”アリスちゃんの絶対領域がやけに目にまぶしいのなんの('¬'*)。


 全13話かと思ってて、そのつもりでレートを決定してたのに、来週も放送あるみたいですね。嬉しいけど、どうしよう(;´∀`)。


鏡に映るのは /『ARIA The NATURAL』
2006/05/09(火) 21:30 
 ■ 今週(#06)の感想
 たしかに心を動かされているのに、感想が言葉にしにくい時。そういうエピソードを見せてもらった時に、至福を感じます(^^)。

 若き天才であるがゆえに、自分よりも歳上の同僚たちの中に入っていけないでいるアリスちゃん。
 その不器用さと、頑なさと、心の壁と、寂しさと。

 そんな後輩を、優しいまなざしで見守るアテナさん。おそらく彼女が感じているであろう、アリスちゃんへの愛おしさに、見ているこちらもシンクロです (´д⊂ヽ


 先週の話はほとんど印象に残ってませんが、なぜか今回のような話は琴線に触れまくるんですよ~。もちろん前からアリスちゃんは可愛かったですけど、今回のが一番キタ ('∇'*)。


 “鏡”にはもうひとつの真実があります。
 人は、自分の顔だけはぜったいに直接見ることができません。

 もしその心に不安や迷いや怖さがあったとしても。
 鏡に映る自分自身が笑っていれば、いいのです。

 がんばれ、アリスちゃん。


ロマンチック流星群 /『ARIA The NATURAL』
2006/04/21(金) 13:31 
 ■ 今週(#03)の感想
 くくっ……藍華ちゃんはショタ萌えだったのか(;^ω^)。

 この作品でここまでストレートに恋の描写をしてくれようとは……!
 藍華ちゃん可愛すぎです('∇'*)。

 ふたりの背たけのこの違い……良いね(・∀・)!


きらーん /『ARIA The NATURAL』
2006/04/11(火) 04:37 
 ■ 今週(#02)の感想
 「あちら様からでございます」

 予想外だよ灯里ちゃん(´Д`;)。おごり返すなんて(笑)。

 ふぉふぉふぉ……。
 飲みたくなってきたので、ボクも淹れてこようっと ('∇'*)。

 今回のエピソード、これまでのシリーズ中でもかなり上の方に来るお気に入りです (^^)。


ほとんど○○。でもネコ /『ARIA The ANIMATION』
2005/12/02(金) 17:38 
 ■ 先週と今週(#08~09)の感想
 先週はアリア社長のエピソード。なかなか面白かったです。
 「新しい家族ができました」のテロップには笑いました(^_^;。

 姫屋の社長さんは覆面のアリアしゃちょにいたく興味を惹かれておられたようですが、あの様子を見ると、まったく望みがないわけでもない……のでしょうか(^_^;?

 今週のしゃちょさんは、さりげないところで愛嬌を振りまいております。

今週のしゃちょ
【今週のしゃちょさん】

 今回は藍華ちゃんの空回りっぷりが見どころですかね。あの子はある意味職人気質な晃さんの下にいるのがちょうどいいのかもしれません。なにせアリシアさん感覚派っぽいし(^_^;。野球界でいうと某ミスターのように、憧れる対象ではあっても、教わるとなったらたいへんだ。

 しかしアレですね、仕事の場面だけ見せられてもたしかにつまりませんが、来週の温泉行きといい、このアニメ休んでばっかりな印象が(笑)。


すわっ! /『ARIA The ANIMATION』
2005/11/17(木) 18:03 
 ■ 今週(#07)の感想
 いや~、ですからボクは晃さんファンなんですってば(^^)。

 オトナと子供の線引きなんてナンセンスでしょうけども、この人は、ちゃんとオトナをやろうとしてるトコがいいですね。やり方はそれぞれで、後輩たちによかれと思うことを信念を持ってやってる。

 そんな晃さんでも、2話のように、自分じゃない人に憧れる後輩を見て寂しそうにする姿を見せてくれることもあるんで……そこがまたイイじゃありませんか(^^)。

 「すわっ! 萌えるの禁止(゚Д゚)!」


 お客さんに対してはあくまでも物腰柔らかに。それでも挑発されて乗ってしまうトコなどは、気性の激しい晃さんらしいというか。新婚さんの男の方の態度も気になってて、お節介焼きたかったんですかね、アレ。でもウンディーネの立場じゃ言いたいこともいえないから、ああいう状況になったのは半分望み通りかも(^_^;? あの瞬間から客扱いを完全にやめちゃうとこなんかは、ありゃあ性格でしょう(笑)。

 ガイドブックの表記で初めて知ったのですが、晃さんてフルネーム、「晃・E・フェラーリ」ってんですね。かっこええな。



 ところでアリアしゃちょが、まぁ社長に毎回股間にかぶりつかれて悶えてるように見えるんですが……(;´∀`)。
 来週はしゃちょさんメインですか?


彼女の涙 /『ARIA The ANIMATION』
2005/10/29(土) 10:22 
 ■ 今週(#04)の感想
 今週のエピソードはもう、メモリの映像を見た灯里ちゃんが目もとに涙をあふれさせるシーンに尽きます…!

 この作品て、誤解を承知であえて言わせていただくと、素直で感受性の強い灯里ちゃんという女の子が、人との触れあいやなんでもない風景、時に起こる事件なんかについて、それをどう受け止め、どのように感じるかを見るための作品だと思うんです。

 灯里ちゃんの感性は、極論すると意外であるべきで(彼女ならこう感じるだろうと予想はできても)、今回のあの涙を見て、やっぱりボクはハッと胸を突かれたんです。
 灯里ちゃんと同じく素直に感動しながら見ていた人もいるとは思いますが、ボクは彼女とのギャップが多少ある方が、また別の意味でこの作品を楽しめるのかもしれない、とその時ちょっと思ったのです。劇中の、たとえばアリスなんかもたぶん同じなんですよね。自分にないものを灯里ちゃんの中に感じ取ったからこそ、ああやって彼女に惹かれるんだと思うんです。

 まあ、我ながら大げさに感動しすぎだな、と思わんでもないですが……(^_^;。
 しかしあのカットは、決してこちらに「感動しろ」と強要してるシーンでないってことが重要です。


 「ARIA The ANIMATION」だけに、美しい話にまとめられていますけど、冷静に考えるとオカルト……(;´∀`)。


はずかしいセリフ、OKOK /『ARIA The ANIMATION』
2005/10/20(木) 13:01 
 ■ 今週(#03)の感想
 この“社長”なぁ。「舞-乙HiME」のミコトもそうですが、なんの生物なんだ(;´∀`)。

 こんな世界があるのなら、一度旅行してみたいと思う。
 そう思える架空世界を想像するのはなかなかに難しいものですが、この作品は非常にうまくそれを見せてくれます(^^)。

 「はずかしい……セリフ……」

 禁止禁止(笑)。
 初登場のアリスの作画にばらつきがありましたが、薄緑の髪がキレイですし、カワイイですね。
 そして今回もやっぱり「ああ、いい話を見たなあ」という気分になりました(^^)。アリスが主人公の灯里に惹かれる、というのが自然に納得できるエピソードでしたしね。うん、やっぱ今季ベスト3作品なのは確定です。

 自分が笑うと、他人も幸せに。
 そういうことなんですよ。


 ボクは好きな声優さんが出演されているから、という理由だけで見る作品を決めたりはしないのですが、この作品て「カレイドスター」や「R.O.D -THE TV-」が好きで見ていたボクにとってなじみ深く、声そのものも大好きな方たちが揃ってるのも素敵です。ちゅーか、ボクにとっては豪華メンバーすぎるヽ(´▽`)ノ

 ところで、主要キャラの名前がぜんぶ「あ」の音で始まることに今日はじめて気づいた私です orz


晃さんが好き /『ARIA The ANIMATION』
2005/10/15(土) 04:25 
 ■ 今週(#02)の感想
 いやあ、ええもん見たわぁ…という“気にさせてくれる”ってのは大事なんだなぁ、と思いました。
 第1話では劇的に惹かれる、というほどではなかったのですが、第2話が良かったので一気に前向きに見る気になりましたよ(^^)。

 なんでこれでこんなに面白く感じるのでしょう。やっぱ演出の力なのでしょうか~。そして晃さんイイよ~(*´д`*)。

 自分のライバルのことを慕う弟子。でもその姿も自分自身と重なり、結局似たもの同士のふたりは強く結びついてるんです……みたいなカンジでしょうか。それが共通の「○○禁止!」の口グセに表われてて、とても良い(・∀・)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。