猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘よ /『SoltyRei ソルティレイ』
2006/04/04(火) 05:12 
 ■ 最終回(#22~24)の感想
 ♪宇宙に行く日が~来なけりゃいい~と~♪

 男親なら、誰でも思う。高橋克美です。


 いや~。まったく期待を裏切らない出来でありました。
 最後の最後まで、この作品らしい流れ。23話まで観た段階では、じつはあまりの予定調和ぶりに「ふむ」と評価がマイナスの方向に向きかけていたんです。

 ローズを説得したときのソルティのセリフは、反体制をうたって過激な行動に走る人間に向けられるものとしてはかなりありきたりで、なんら問題の解決になってないものに感じました。この前に観た「舞-乙HiME」では、主人公に綺麗事を言わせるだけでとどまらなかった点を評価したボクですが、この「ソルティレイ」は過去の作品で描いた手法をなんら超えるものがなかったように思えたのです。

 そのままでいいじゃない。って、気持ちは解るけど、現状維持(^_^;? みたいな。

 それもソルティがどういう存在であるか、ということで変わってくるものではあったわけですが……。そんなことはあの最終回の前にはささいなことだったのです。

 逆に言えば、なにも尖った部分のない「安心感」が、とにかくシリーズ通して貫かれてきたことの証明でもあるんですよね(良い意味でも、悪い意味でも)。ソルティは序盤から、本当に安心して見ていられました(ローズが死んだ、と思わされたあの時ですら)。

 最終回では、これまでツンツンしてた態度を貫き、永遠の別れになるかもしれないソルティと最後の時間を一緒に過ごすことさえ素直にしなかったロイさんが、これ以上はないくらいみっともない、カッコ悪い姿をさらしました。

 そのカッコ悪さが、泣ける泣ける・゚・(ノД`)ノ・゚・。

 なんて解りやすい演出なんでしょう……!
 これぞボクが「ソルティレイ」に求めていたものです。まったく、裏切らないでくれました(´д⊂ヽ

 序盤からすでに、ロイがいかにしてソルティとローズを娘として受け入れられるようになるかという明確なテーマが判っていたこの作品。それがあのシーンからラストまでのロイの姿の描写で、見事に答えが出されています。


 ローズが選挙に出るという後日談も、“前向きな変化”で大変よかったです。明言はされなかったですけど、ミランダさんやカーシャも“家族”と言ってましたから、ひょっとすると……(^^)。

 待ちきれずに迎えに行くエピローグ。
 具体的にそこまで想像してたわけではないのですけど、ホントに「こうであってほしいな」という展開を理想どおりに描いてくれたという意味で、すばらしいエンディングになっていると思います。


ロイ&ローズ&ソルティ
【クリックすると大きな絵が開きます】

 最後なので、最終回視聴記念絵を(^^)。
 ロイさんとふたりの“娘”たち。

 ちなみに、この連続3話の中で一番好きなシーンは、泣いてるロイさんをソルティが陰から見てるあたりです。


 「舞-乙HiME」の終わり方も奇跡的なほど良かったですし、同時期にこんな良い作品を2本も観れたことは幸せでした。ここんとこ、作画もかなり高いレベルにありましたし。依然として謎のまま放置されているいくつかの要素もありますし、話の展開に強引なところも多々見うけられましたが、そんなことはどーでもいいですよ(^_^;。その大雑把ささえも、この作品の愛すべき点だと信じています。


スポンサーサイト
全員集合… orz /『SoltyRei ソルティレイ』
2006/03/14(火) 06:30 
 ■ 今週(#19)の感想
 全員集合って……あきらかに足りません(´д⊂ヽ

 メッセージの遺されたディスクといい、あいかわらずイイ感じでベタです(^^)。カーシャとシルビアさんがあれから仲良くなってて時々会っていたとは。やっぱりいいコンビだったみたいですね、このふたりは。
 うーむ。ちょっと彼女たちのイラスト描いてみたくなったよ(・∀・)。

 ソルティの耳を積極的に動かしてますね。おもしろいのでどんどんやってほしいです。

 インテグラさんの持ってる銃が地味にカッコイイです。これも園田健一さんデザインでしょうかね。


一方その頃彼女たちは /『SoltyRei ソルティレイ』
2006/03/07(火) 16:35 
 ■ 今週(#18)の感想
 いや~。ストーリー上、しょうがないとはいえシルビアさんの出番がまったくなくなってしまったのが寂しいです(^_^;。その分、仲間たちの回想はいいシーンばっかなんで嬉しいですけど。

 なんだ、ちゃんとみんなに愛されてんじゃん(^_^;。とくにセリカがあれほどこだわるのが見れたのが意外というか。

 そして復活のローズ。どうやら思うところあってRUC側についたようで。
 かつての住処で万引き少女を捕まえて引き渡す彼女を見たところまでは、てっきり洗脳でもされてるのかと思ってたんですが、セリカへの呼びかけ、そしてロイとの再会を果たした彼女が見せた哀しげな表情は……!

 彼女の時は、まあ死んでないだろーなぁ、とも思ってましたからいいのですが、シルビアさんの場合は生きてるのかどうかまったくわからん(^_^;。実際、先週のラストを見たときには「またまたぁ~(;´∀`)」とまったく死んじゃったことを信じてなかったんですけど。どうなるんだ(^_^;。てか、ちょ、セリカまで! Σ(゚Д゚;)


 次回予告はベタですが、「全員集合!」で噴きました(そういう世代なのよ(^_^;)。
 全員集合って、全員……だね?
 おお、楽しみじゃわい。

 そういえば再会を果たしたロイとソルティ。劇的なものはなかったですけど、いいシーンでした。友人が前回のカーシャの「お帰りドロップキック」をソルティがマネしてロイを迎えたりして、と冗談を言ってましたが、

 それやったらロイさん死んじゃうよ(;´∀`)。


お帰りドロップキック /『SoltyRei ソルティレイ』
2006/02/25(土) 02:45 
 ■ 今週(#17)の感想
 「あなたたちの実力、見せてもらうわよ」

 …で、なぜか笑ってしまいました(^_^;。
 彼女たちが活躍したトコ、見たことないや(別の意味で大活躍ですが)。
 前から言ってますけど、金髪ロングふたりはかぶりまくりなんじゃよ(笑)。

 事態は急転直下(おもにプロシード内で)。
 次々と首にされていくメンバー(´Д`;)。

 ここまではボクも笑って観てたんですけど(;´∀`)。


 シルビアさん~~~っ Σ(゚Д゚;)!?


 カーシャのお帰りドロップキック、すさまじかったですね(^_^;。あれならリゼンブルのソルティどころか、シルビアを倒したローズすらも倒せそうなイキオイです(笑)。


【お帰りドロップキック】


あーんえーん /『SoltyRei ソルティレイ』
2006/01/13(金) 05:45 
 ■ 今週(#12)の感想
 遺伝子組成が変化って……そんなんアリカー(笑)。
 もう外見ではなにも判断つかなーい。

 ていうか、2006年現在の科学で言えば最後の決め手になるであろう遺伝子鑑定がまったく意味をなさなーい。つまり、やっぱり心の問題として“娘”を迎え入れられるか、あるいはローズ側からすればロイを“お父さん”として受け入れられるか、そこが描かれる作品になりそうだ、ということでしょうか。

 おー、たいしたもんだ。
 本当の娘かどうか、結局最後まで判らないようにしてしまったことは、テーマからいって非常によい設定の作り方だと思います(^^)。

 状況証拠から本当の娘が確定しそうなこの流れの中で、ロイさんは微妙にソルティを邪険に。動揺しとるなぁ(^_^;。まあこちらとしては序盤のキャラの使い方からしてローズ、ソルティの両方を、という展開になると思っていますので(証拠のあるなしにかかわらず、娘と認める)、暖かく見守ることにいたしましょう。

 ラストのローズの動揺の中には、ロイが“自分を娘だと思ったから助けに来たのではないか”→“そうでなかったら助けに来たかどうか”というのも含まれているのかもしれません。もちろんセリフにされたことが大半を占めているでしょうけど。一度にそんなのが襲ってきたら、そりゃあパニックを起こして泣いちゃうかも……。

 イイ、イイよ、期待どおりの展開になってきました(’ワ’)。
 パワードスーツ?のインテグラさんがいつもと同じ、いてもいなくてもいい活躍っぷりだったのも、期待どおりさ(笑)!
 ソルティがもらい泣きしちゃうのももちろん期待どおりですさ!
 ソルティが泣くとボクも哀しいさ。あーんえーん。

 ……エンディングは予想外。反則(´д⊂ヽ


とにかく帰るぞ /『SoltyRei ソルティレイ』
2005/12/10(土) 01:15 
 ■ 今週(#10)の感想
 ロイさんあいかわらず……(笑)。

 昔ならタバコの吸い殻で表現されるところをコーヒーでやるところがイイですね。「さすがにコーヒーも飲み飽きてきたな」ってアンタ(笑)!! こっちもベタにツッコミましょう。いくらなんでも飲み過ぎだソレ(´Д`;)!

 救助の人やロイやお兄さんたちがさんざん苦労したあげく、ラストで颯爽とソルティが隔壁を突き破ってきた時には……もう……なんちゅーか……。

 なんでもいいや(;´∀`)

 そういう意味では、ソルティレイらしい脚本ちゃあ脚本です(^_^;。
 「…帰るぞ」が定型と化してるのがまたイイ感じ。
 あー、今週も面白かった。


 ローズと一緒にマップを覗き込んでるトコで、前に自分でも描いたことあるペタ座りソルティが見れた……('¬'*)!


 今回のエピソードを見ると、結局のところローズとソルティが同じレベルのおこちゃまであることがよ~くわかりますね。そう捉えると、ローズのキャラもそれほど悪くない(^^)。


ロイに電流走る /『SoltyRei ソルティレイ』
2005/12/02(金) 16:47 
 ■ 今週(#09)の感想
 金髪ねーちゃんは今回で一気に好きになりました。オフのインテグラを誘ってみたり、失恋の痛手に際して「つきあえよ~!」と迫るあたり、寂しがりなんでしょうか。友だちいないタイプにも見えませんけどねぇ。

 ローズと“金髪ロング”という点でかぶってるのはプールの時から感じてましたけど(^_^;、今回は作画も良かったし、ああいう面白いキャラは好きですよ(^^)。……って、名前が出てこないけど。
 完璧におこちゃまなローズとは方向性が違ってて、大人の女性なのに子供っぽいところがあるというのは魅力だと思うんですよ。ちょっとませてるカーシャと、同レベルの行動だもんなぁ(笑)。

 スーパーに買い物に行くソルティは、とけ込めてないカンジしますね。普段は気にならないんですけど、あのボディスーツなカッコですから、生活感というものからほど遠いんですよ(笑)。

 さりげなくユートの自室の壁にソルティの特大ポスターが貼られてるのがイイですね。「ソルティちゃんの手作り!?」で目の色変わるところも、ほんまもんやなコイツってカンジです(^_^;。


 ソルティが一生懸命作った料理。
 亡くなったロイの奥さんの得意だったものだったんでしょうか。それをミランダさんから教わったソルティ。ひとくち、口に運んだロイがハッとします。

 あいかわらずツンデレオヤジなロイさんは「まあまあだな」というばかり。それでも、ぶっきら棒な「おまえも早く食え」という言い方が、完全に家族と認めた者に対する温かさに彩られているように感じるのはボクの気のせいでしょうか。
 ソルティが席に着き、食べるまでロイが地味に彼女のことを見ているんですよね。

 無邪気なソルティの「はい、おいしいです」の笑顔と、それに続くEDの歌の流れで、なぜか涙ぐんでしまいました(´д⊂ヽ。エンディングの歌はホント名曲です。

 OPもEDもラストがロイとソルティの「握られた手」がポイントというところが好きなんです。


泥棒さんにはなりません /『SoltyRei ソルティレイ』
2005/11/26(土) 07:22 
 ■ 今週(#08)の感想
 前回はたまたまバランスが悪かっただけでしょうか。今週はいつものとおりの「ソルティレイ」というカンジで、ローズもイイ感じでした(^^)。

 ボクはどちらかというとロイ視点で見てしまうので、ソルティを盗賊に引き抜きたいというローズの思惑と実際の行動については眉をひそめざるをえないわけですが……。ロイの頑なさが物語の中でしだいに溶けていくように視聴者の方も納得する展開であればと期待します。その意味では、前回のローズを受け入れられない心情というのもごく当たり前のような気がしますね。ロイと同じように怒ってましたから(^_^;。

 今回に関しては、「ちょ、おま、そんな簡単に買収されんなよ(笑)!」なカーシャが気になったくらいですか(^_^;。

 義賊と賞金稼ぎの奇妙な同盟。そんな信頼関係を匂わせて落ち着いたと思ったラストでの、あの長兄の行動。きな臭さを残しつつ引いたエンディングは、なかなかいいと思いましたです。

 そしてあいかわらず手で「×」をつくるしぐさのソルティは可愛い(*´д`*)。
 ローズは今回くらいのバカっぽさがちょうどいいです。


ばきゅーん/『SoltyRei ソルティレイ』
2005/11/20(日) 23:39 
 ■ 今週(#07)の感想
 今週の感想は非常に書きにくいです(そのために遅れてしまいました)。

 なぜなら、ボクは(バキューン!)さんと、彼女の演じる(バキューン!)というキャラクターが実は(バキューン!)(バキューン!)だからです。

 だもんで、ラジオも(バキューン!)回聴いてその後は聴いてなかったりします(^_^;。
 だって(バキューン!)なんだもん…… orz


 ロイさんの受難はそれなりに面白かったですけれども(特に不吉の象徴・黒猫がたくさん前を横切ったりとか)。彼女があそこまで傍若無人だと、見ているこっちも少しばかりもやもやしたものが生じてきますね('A`)。やっぱそこで、視聴者的においしい(たとえば部屋を占拠されたソルティがロイといっしょのベッドで寝るとかの)シーンを作ってくれないと。

 ローズたちの義賊としての行動は、一見すると良いことのように思えますが、そのためにソルティを利用していいことにはなりません。犯罪の片棒ですしね。ロイの怒りは当然です(そういう風に怒ってくれる人の存在は、ソルティにとってはとても大切なものです)。
 さて、ローズは懲りずにまたなにか企んでいるようですが、この作品、見ている方が納得する展開でこの先進めてくれるのか、ちょっと心配です。

 ていうかなにが言いたいかというと、ソルティを不幸にしたら許さないぞ、ってのはなにもロイさんだけじゃないぞヽ(`Д´)ノ
 ……ってことです(^_^;。


ソルティの すごい 心臓マッサージ(違 /『SoltyRei ソルティレイ』
2005/11/13(日) 10:17 
 ■ 今週(#06)の感想
 「ソルティ」らしい話の作り方で満足です。
 ふつーなら死んでるエンドでしょうが、ソルティの超パワーで生き返る犯人(^_^;。

 ロイにとってのソルティは、父親として「娘にはこんな風に育ってほしい」という具現なのではないかという気がしますね。あんな風に人の痛みに素直に反応できる子に育ってくれれば、言うことはないのではないかと(超パワーはともかく)。

 だからこそ、行方不明の本当の娘さんを想ってだんだんとロイが切ないことになっていきそうな気もしますが……。

 さて、いきなりローズ押しかけで部屋を追い出されそうな雰囲気のソルティ(ロイか)?
 ふたりが同じ部屋で同居、そして急接近みたいなノリになるのでしょうか!?


 DVDのCMやってましたが……オリジナルのドラマCDがついているとはいえ、4話収録で15000円近い価格はどうかと思う…(´Д`;)。マイメロなら20話分くらい買えるなあ(笑)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。