猫ようかん出張所
まいらげん のブログ 【since 2005.9.1】 管理用
※[猫ようかん]サイトの日記から来られた方は、コンテンツへは右のボタンから戻れます → [サイトへ戻る]
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Newマシン “Marnie”ローンチ!
2013/06/17(月) 00:08 

 突然ですが、デスクトップマシンを今さらやっとWindows7環境に移行しました。ハードも一部のデバイスを除いてほぼ一新です。

 Win8が出たことでもあるし、インストールのパッケが手に入らなくなる前に確保しとこうというのと、ちょっと前にまた3DCGソフトをいじった時にCore2 DUOの32bit環境ではパワー不足を感じたから、というのが新調の理由です。

 ウチは98SEからXPに乗り換えたのも相当遅かったんですが、やはり作業というものは慣れた環境が一番で、要するにPCとは自分にとって道具であって、トレンドを追いかけるようなものではないと思うわけです。Win7では便利になった部分もありますが、切り捨てられたり変更されたりした仕様が結構多くて、手に馴染んだ道具を取り戻す、という意味ではかなり苦労しました(一番問題だったのはキーアサインの入れ替え。Caps LockとCtrlを逆に、しかも再起動なしでいつでもON/OFFできるのが条件だったので……)。

 新しいWin7環境で、シェアウェアを導入したり長く使っていたフリーソフトを変えたりしてチューニングした結果、ようやくこれまで以上の作業スピードを出せるようになってきました。しかし果たして次のOSに乗り換えなければならない時期が来た時、自分はこの環境と同じように便利にPCを使えているだろうか? と不安になります。趣味でフリーソフトを開発している人たちにはなかなか厳しい状況になってきているようですから。

 さて、「情弱か?」とも思われそうな、Haswellに飛びついた形の新マシンなわけですが、自分の場合、マシンの更新頻度はそんなに高くありません。例えばマザーが壊れた場合でも、それだけ換えたりということは今までにもケッコーありましたが、世代が変わってしばらく経つと、古い仕様の部品を探すのが大変だったりします。なので、最新仕様にしとくのはそれだけで寿命が延びる可能性が高まるというメリットがあります。

 今回は、Haswell対応のソケット1150マザー、そしてCPU自体は新仕様の中でも手頃なものを、というチョイスで選んでいます。HaswellのCPUとしての性能はともかく、1150マザーはSATAの6Gbps端子が増えてますし、ストレージをたくさん繋ぐのが判っている場合はこっちの方がいいかな(ウチは最終的にSSDとHDD×3)。ちなみにチップセットのUSB3.0問題とやらは、ウチの使い方ではまったく関係ないのでマイナス評価には繋がらず。

 1年ほど前に128GBのSSDを9,000円ほどで購入していたのですが、今は逆に値上がりしてそんな値段じゃ買えなくなりましたね。SSDはWin7で本領発揮、というカンジで、電源を入れてからわずか20秒で作業が始められるというのは素晴らしいと思います(記事の下の方にベンチ結果掲載)。

 こつこつとパーツを更新できるというのも自作PCの利点ですが、いつの間にかデュアルモニターは両方ともフルHD対応になっていまして、今回のグラボの更新ではついに双方ともデジタル(DVI)で繋げられるようになりました。

 そのほか、自作派とはいってもたまにしか組まないので、いろいろ知識をつけとこうと思ってRAIDを導入したりしました。Win7だとOS上からミラーリングが可能なので、お手軽にそちらの手段を択りましたけどね(2TB×2)。最終的に出費は……かなり嵩みましたけど、いい勉強になりました。

 すべてのSATAケーブルを6GB/s対応に換えたところで(マザボには2本しか付いてなかった)、ドライブのベンチを実施してみました。上のSSDと下のHDDとではその性能差は歴然としています。

 ちなみにSSDの同じ個体をXPで動かしていた時の測定結果が残っていましたが、なんと倍くらい速度が違います。Win7にしてようやく本来の性能が発揮されるようになったということですかね。


【システムドライブ:SSD 128GB】


【データドライブ:HDD 増設した2TB×2(RAID)】


【データドライブ:HDD 1年くらい前の1TB】

 上の2種類のHDDはどちらも同じメーカーの6Gbps対応品ですが、1TBと2TBのモデルでここまであからさまにスピードが違うとは思いませんでした。ひょっとしたら1TBの方は一度Win7でフォーマットし直すと結果が変わるかも?

スポンサーサイト
トレス台の天板交換!
2012/10/31(水) 02:53 

 20年使っているトレス台の天面ガラス板を新しいものに交換しました。

トレス台 ガラス天板交換(1)

 これを購入した頃はデジタルで絵を描く、なんてことはまだまだ自分のような庶民には夢のような話で、プロでも数人の方が百万円単位のお金をかけたMacでようやく作品を発表していたという時代です。学生だったボクはマンガ家になるというような明快な目標を持っていたわけではありませんが、時間はあったのでヒマさえあればなんか描いてました。

 トレス台を購入したのは、マンガを仕上げる効率を上げるためでした(アニメーターになるつもりはまったくない)。知人のススメで結構大型の、しかも木枠でガラス板を使った割と本格的なものを思い切って購入し、机に常時設置した状態で作業をしていました。当時でも、机を使って勉強するのは高校生までで、周りの友だちでもボクみたいに机を使い続けていたのはいなかったような気がします。絵を描くために机が必要だったので、田舎から高いお金出して輸送しました。

 トレス台は上京半年後くらいに買ったもので、2万円半ばだったかなぁ。テレビよりも先に買ったかも。大学最初の1年だけ住んだ寮の部屋を撮影した写真に新品状態のものが写っていますが、あれから黒インクや墨汁などでずいぶん汚れました。

 写真のネガを見るためのものだったアクリル製のボックスだと、長い時間使っている間に歪みが出てくる、というような話を聞いたことからこの大げさなタイプを購入したのですが、さすが20年たってもまったく問題なく使えています。最近は本業が忙しくて使う機会はめっきり減りましたけどね。

 ちなみに、現在だとLEDが主流なのかもしれませんが、これは内部に2本の蛍光灯が入っています。現在のトレス台と違って、手を載せるフチの部分が広いので、画材も置いておくことができて実は便利なのです。

トレス台 ガラス天板交換(2)

 昔話はともかく、このトレス台は天面が3度の引越作業を経て割れてしまい、今の住居に落ち着いて以降はセロハンテープで修繕して、無事な右2/3を使って作業していました。最近になってふと「ガラスをどっかで特注できないかな」と思い立ち、ある日出かけたついでに東急ハンズに飛び込んでみました。

 オリジナルの天板は上から見ると磨りガラスのようですが、二重構造になっていて下層がアクリル板と思われる乳白色の板、上層が普通のガラス(ヒビの入っている面)です。サイズは約30×40cm(アバウトにいってA3サイズ)。厚さは2.5mmです。

 ハンズのおねーさんによると、ガラスは厚さ2mmのものしかなく、このサイズだと約800円。念のためアクリル板で製作してもらう想定で値段を聞いてみると、こちらは厚さ2mmもしくは3mmで、値段は3000円ちょっとと跳ね上がります。それでも、思っていたよりは安いので、両方注文しました。

 約1週間して、届いたのを開けたのが上の写真。ガラスの方は輸送中に割れた場合のことを考えてか、「×」状にテープが貼ってありました。

トレス台 ガラス天板交換(3)

 オリジナルの天面ガラスを外して交換します。……ところが、ガラスがはまりません(´;ω;`)。計測した数値をミリ単位でオーダーしたのですが、わずかに(0.5mmくらい)大きいのです。木枠かガラスかどちらかが斜めになっているのか、右上の方だけがどうしても収まりません。

 プラスチックとかだったらフチを削る、という手段もありますが、ガラスだとそうもいきません。木の枠の方を削って広げるという手段も考えましたが、できればやりたくない。仕方がないので、こんなこともあろうかと予備として発注していたアクリル板の方を載せてみると……

 ハマりました! 左右はバッチリです。上下の寸法が1~2mm足りてない気もしますが、充分実用に耐えます。厚さも3mmでまだ外枠よりも凹んでいるのでもうちょっと厚くてもいいくらい。やはり、万が一オーバーサイズだったときの用心に2種類作ってもらっておいて正解でした。てゆーか同じサイズで発注したのに、予想通り誤差があったということですね(;´ヮ`)。とにかく二度手間にならずに済んだのはヨカッタ。

 ちなみにフツーのアクリル板でなく、UVカット仕様です。こういうアクリル板はケースなどに使用する用途があって、中に入れる作品や商品が紫外線で劣化するのを防ぐためにUVカットのものがあります。当然普通のよりもちょっと高いです。ま、蛍光灯から出る紫外線なんてたかが知れてますが。

トレス台 ガラス天板交換(4)

 無事換装成功! これで昔のように全面使って作業ができます(^^)。

 どうしても下絵はアナログ(シャーペン)でなければ描けないので、トレス台は必要です。ラフを清書する際、昔はペン入れした後に消しゴムで消していましたが、今はイラストにしろマンガにしろ、トレスしてしまいます。一時期つけペンやミリペンなどでのクリンナップも試したことがありますが、現在は0.3mmの製図用シャーペンを使うことが多いです。このシャーペンももう20年以上使っていますね。

 新しい道具ややり方を導入することに臆しているわけではありませんが、使い慣れた道具に対する安心感というのもの確かにあります。基本的にボクのイラスト作業は10年前とほとんど変わっていません。PC上の作業もWin98時代とソフトそのまんまだし(PainterはSaiに取って代わられましたが)。このトレス台もたぶん一生モノです。蛍光灯部分が壊れる、もしくは将来的に蛍光灯がLEDに取って代わられて消滅、なんてことになったら、その時はLEDユニットを仕込む改造をするまでのことさ!

絶望した!!
2007/11/27(火) 03:11 

 ジャンプの「P2!-let's Play Pingpong!-」が連載終了してしまう世の中に絶望した!!

 ……てなわけで、今さらながら「さよなら絶望先生」の後半を視聴していますが、やっぱこのアニメよく出来てますわ(^^)。

 女性キャラの性格が違うとか、出番が多いとか、別に……これはこれで良い方向に変更されてると見るべきなんじゃないかと思いました。原作あんま読んだことないですが。

 最低限文化的な文化祭とか、傑作なんじゃないかと。

 「P2!」ですが、せっかく“お嬢”の名前が「エリス」ってドンピシャな名前だってのがこないだ判明したばかりだというのに……そしてアキラちゃんがやっぱりお兄ちゃん好き好きキャラだったのが判明したというのに、残念すぎます。

 来週からボクはなにを楽しみに生きていけばいいのかっ!

 ……それで思い出しましたが、最近のお気に入りアニメは「みなみけ」です。マコちゃん可愛すぎる。男の子ですけど(^_^;。

ソノラマ文庫の思い出
2007/06/24(日) 02:22 

 朝日ソノラマが会社畳むそうで…。

 現在のラノベ文化の基礎を作った(とボクは思っている)ソノラマ文庫には、思い入れがずいぶんあります。

 初めて買ったのは「青の騎士ベルゼルガ物語」。ボロボロになるまで読み返しました。

 当時はまだ田舎は流通がよろしくなくて、本を注文したら1~2ヶ月かかるのは当たり前。青の騎士の最終巻はかなり待ってやっと手に入れた思い出があります。

 その後高校生になり、いろいろ自分で買うようになって出逢ったのは、「クラッシャージョウ」(高千穂遥)や「球形のフィグリド」(鳥海永行)といった、文章書きとしてのボクを養ってくれたシリーズたち。

 クラッシャージョウは、本編よりも外伝の「ドルロイの嵐」が大好きで、これもさんざん読み返しました。

 今でこそ珍しくないファンタジー系に初めて触れたのは渡邊由自の「魔聖界ロード」のシリーズだし、時代を先取りしてましたよ。「聖刻1092」の第1巻を読んだ時も衝撃的でしたね。

 笹本祐一の「妖精作戦」は、NHK-FMの「アドベンチャーロード」でラジオドラマにもなりましたが、これがまたサイコーでした。ボクは今でも塩沢兼人さんというとこの作品が思い浮かぶほどです。

 NHKのラジオドラマはCDとかで出ないので、後にソノラマカセット文庫でこの作品が出たときは狂喜しました。現物は紛失してしまいましたが、CDに起こしてあるので、今でもよく聴いています。絵がないのにテンポの良い活劇が展開されるところが秀逸なんですよ。

 笹本さんの作品は、割と最近の「星のパイロット」シリーズも大のお気に入りでした。結局ボクが買ったソノラマ文庫は、このシリーズが最後です。

 「トリガーマン」とかも懐かしいですね。カセット文庫では、キースの声を故・鈴置洋孝さんがやっておられました。

球形のフィグリド/勇魚
■鳥海永行著「球形のフィグリド」シリーズの勇魚。
1990年頃に描いた懐かしい絵を引っ張り出してきました…(^_^;。

 先日両親が上京してきたときに、銀座の回転寿司屋につき合ったのですが、その店を出たところにちょうど「朝日ソノラマ」の看板が出ていました。「ひょっとして……」と思いながらその場を後にしたのですが調べてみたらやはりそこがソノラマ文庫発信の地であったようです。なにかの巡り合わせだったんかなぁ。

 ちなみに高校の頃は、「獅子王」も毎月購読してたですよ。ちょうど「球形のフィグリド」連載してて、半分くらいは末弥純さんのイラスト目当てに……(単行本化されると、連載時の挿絵って使われないので)。ちなみにボクの脳内では、勇魚の声は井上真樹夫さん、ギベールは納谷悟朗さん。

 鳥海永行さんといえば「ガッチャマン」や「ニルスのふしぎな旅」など、もともとアニメ畑の人ですが、ボクにとっては文章の師匠とも仰ぐ人。ハードカバーの「妖門記」や、電撃文庫「聖八犬伝」「折れた聖剣」も読みました。

 イラストレーターの後藤啓介&加藤博之さんにハマっていたのもこの頃。ドラゴンマガジン創刊の頃から目次ページのイラストで活躍し、富士見からは画集も出ましたが、すでに獅子王でイラストストーリーとか描いててファンだったんですよね。

 こうして書いてみると、ホントにソノラマ文庫にはいろいろ影響受けてるなぁ。

ウィリアムズF1ひげそり
2006/10/01(日) 20:18 
 10年近く使い続けてきたセイコーのシェーバーは、もうずいぶん前から充電池がへたっていて、常に充電器に差しておかないと翌日に使おうと思った時にはもう起動しない、という状態になっていました。しかもこの間、外刃も内刃も1回も交換していない…(^_^;。

 で、新しいの買おうかな~、と考えていたのですが、なにせ貧乏ですから、ずーっと後回しにしていたんですね。

そこへ偶然知ったのが、写真のシェーバーです。
フィリップス社の新製品、F1チームのWilliamsモデル!



「ええい、ブルツ復活記念だ!」

 お値段結構しました(;^ω^)。しかし、もっとすごいのは、これの限定モデルです。なんと、キャリングケース付きなのですが、これが本物のカーボン製。


 さすがのアホなボクでもこれには手を出せんなぁ(;´∀`)。
 ちなみにこちらは機種自体も上位で、ボクのは廉価版ですな。

 使い心地は悪くないです。円形の刃のタイプを買うのはこれで2度目ですが、3刃仕様は初めて。鼻の下のヒゲを剃るときに下の1コがジャマになって、ちと剃りにくい気もしますが、これもそのうち慣れるでしょう。


 紺と白のツートンで、カラーリングや形状を含めて、ボクが知る限りここまでカッコいいシェーバーはほかにありません(^_^;。

 正面中央の銀色のスイッチにも、サイド部分にあるものと同じデザインのF1マークが入ってたりと、細かいところまでデザインが凝ってます。


 撮影は自宅の机の上で。影が落ちたりしててシロウト臭いですが…。

ニューマシン・デビュ~
2006/08/15(火) 03:13 

 この夏の修羅場も、結局4年落ちのマシンで乗り切りました。スーパーアグリのSA05よりヒドいですね(^_^;。その上ボクの自作マシン“Fillett(フィレット)”は組んで以来、マザーボード、HDD、メモリ、電源が1回ずつ壊れて交換しているので、中身はほとんど当初と別モノに変わり果てております。……スペック変わらないのにずいぶん金食われた(´;ω;`)。

 さて、そんなこんなでやっとニューマシンの投入ですヽ(´▽`)ノ。
 今回は友人から諸事情あって譲り受けたマザーがありますんで、これを基準に組むことになります。
 いろいろ新しいのも出てるようですが、ちょっとこなれて安くなったもので揃える主義でして。新しいマザーやCPU、OSはすぐに手を出すとだいたいにおいて苦労することになります。

マザー ASUS A8N-SLI Deluxe
CPU Athlon 64 3800+
グラフィック GeForce7300GT
メモリ PC3200 2GB
HDD SATA 320GB

 ま、ご覧の通り1年前くらいのスタンダードといえなくもないヌルいスペックです(HDDは別か)。ちょっと前にこのソケット939系のCPUが値下げされたんでラッキーでした(^^)。ボクは3Dゲームや動画編集のたぐいを一切やらないので、デュアルコアもスゴいグラボも必要ない、と判断。そのかわりPhotoshopに特化させてメモリは2G載っけてます。

高速電脳 KD-MG47

 このマザーは旧型なのでチップセットクーラーが最初からイカレております。これをまず、高速電脳のKD-MG47に載せ替えました。青メッキが美しいです(^^)。ちなみにエアフローとかあんまり考えてないので向きはテキトー。

 それはそれとして、今回は中身が総入れ替えということもあって、マシン名をいい加減変えました。ノートマシンもそうですが、“妖精”っぽい存在を連想する名前を付けるのを習慣としてますので、コイツはなにがいいかしら……。たとえばキャトフヴァンディスとか(それバスターマシン)。

 結局、さんざん考えた末、FGでフェリスが最初の年に乗った“Blanchul(ブランチュール)”にすることにしました。すると次のマシンは自動的にプランシェールということに(謎)。

 “Blanchul”は動作クロックだけ比べても、“Fillett”のAthlon XP 1800+とは1.6倍の速度になってますから、体感だと倍くらいに感じます。そもそも、DVD-Rドライブを新調したおかげで、いままで(maxell以外)等倍でしか焼けなかったのが、いきなり8倍速でホクホクです(笑)。

 ペインター6がBoot.ini書き換えで1350M以下でないと起動しない以外はすこぶる快調…… orz
 ATOK入れてIME削除してエプソンのプリンタドライバも回避したりいろいろネットで対応策探してやってみたけど、これだけどうしてもダメ(´;ω;`)。

このしうち!
2006/03/31(金) 01:33 
 テレ東マジ青画面 orz

 鋭い寒さの時に確率が高くなる電波障害。これまで舞-乙HiME放送時には奇跡的に助かっていたんですが、よりによって最終回でこんな状態になるとは……。早めに地デジに移行させようという政府の陰謀か、これは(放送範囲を広げてるMXが怪しいですが…)。

 ナオちゃんの貴石銘はいまだに公式に発表がないし。おかげで9割9分完成してるCGがUPできないじゃないですか。ネタは24話放送の直後にできあがってるっちゅーに。おとといの新作は新作で、CG定点観測さんに華麗にスルーされるし(^_^;。

 世間が冷たい。この世に神も仏もオトメもないのか (´д⊂ヽ

 いいよ。もう寝ゆ! ヽ(`Д´)ノ


 ……てなわけで舞-乙HiME最終回の感想は、いつ書き込めるかまったくわかりません。ソルティも同様です。ネタバレがこわいからうっかりネットもできないし。つくづく鬱ですよもう (´;ω;`)

よいお年を
2005/12/31(土) 19:21 
 お疲れさまでした。
 コミケ2日目も昨日無事終わりまして、みなさんいよいよ年越しの方へ気分が切り替わった頃かと思います。

 ウチは29日の1日目が本番だったのですが、スペースまで足を運んでくださった方々には、この場を借りてお礼を申し上げます m(_ _)m。

 ギリギリの締め切りのゲスト原稿&その編集作業で修羅場を終えた後、間髪容れずにムリヤリ自分のコピー本を作り始めるものだから、当日へろへろで迷惑かけまくり。朝、当日の売り子を頼んであった友人に本を受け渡した後、さすがに仮眠を取らせてもらいました(^_^;。

 コピー本とはいえ、ギリギリまで手を抜かずに、時間の許す限りクオリティを上げるためにがんばりました(作った本の内容は↓こちら)。



【「マシロ!」サンプルマンガ1編もあるよ】

 トップスピードを保ったまま18時間ぶっ通しで、結局5枚なんとか脱稿。つか、オフセの修羅場よりハイスピードじゃないのか……(´Д`;)? どうみてもオーバーロードです。本当にありがとうございましたなんて言ってる場合じゃない。死ねる(世の中にはもっと上がゴロゴロいますけどね。しかも身近に(;^ω^))。

 ちなみにゲスト原稿の18pのマンガは、歴代2位タイの長さです。それでもページが微妙に足りないカンジがするくらい詰め込みました。ふう。

 もっと余裕を持ってやりましょう……。次こそは。
 それで回避できる問題なんです orz


 さて今年も残すところあと5時間を切りました。
 駄文におつきあいくださったみなさんに感謝(^^)。
 来年も「猫ようかん」をよろしくお願いいたします。

 では、良いお年を(^^)/。

治りました
2005/10/16(日) 10:40 
 「PCは治ったのか!?」
 「治りました……」

 てなわけでCGマシン復活しました。いやー、大変でした。
 ホントなら壊れたタイミングでシステム構成を最新のスタンダードに一気に替えてしまうのが良いのですが、お金がないもので(オホホ(^_^;)、最低限の壊れた部品の交換で済ませました。

 ウチのCGマシンは3年以上前に組んだもので、CPUは “Athlon XP 1800+”です。今回はHDDとマザーボードの交換になりますが、秋葉に行けば簡単に見つかるだろうと思ってたボクが浅はかでした(^_^;。
 ちなみに詳細スペックですが、Athlon XP1800+、メモリはPC2100の512MB、グラボはGeForce2 MX400という有様(;´∀`)。
 HDDに関してはATA100のものはいまだにフツーに売ってるので問題なし。容量はこれまで80G+30Gで使ってて一杯一杯だったので、一気に倍近い160Gに増やせました。

 じつは最初、HDDとマザーのどっちもが壊れていることを検証できなくてHDDだけ買ってきたんですが、まったく正常に動作しないのでまた秋葉に行ってSocket Aマザーを探すハメに。しかし、これがそこらへんの小さな店だとまったく売ってないんですね(^_^;。探し回ってやっと見つけました。


 家に戻ってさっそく組みます。問題なく動作……したのはいいのですが、問題はデータのレスキューです。HDDが壊れている、ということですが、これが完全にぶっ壊れているわけでもないのですよ。立ち上げて数分はデータが読み出せるんです。どうやら原因は壊れたマザーが動作中に電源を落とすかなにかで、結果、物理的にHDDを壊したっぽい。

 読み出せる数分、というのが問題で、ひどい時にはOS起動中に回転が勝手に落ちます。データのコピー中でも容赦なく落ちます(T_T)。落ちるとどうなるかというと、フリーズです。リセットボタン以外の選択肢がない。

 「はは……情けない……私の体は……」
 「立て。立ってもう一度、データをコピーさせろ」

 「オレも本気で受けてやる…」


 1週間かかりました _| ̄|○

 復旧してからもいろいろあったんですがそれは省略。
 とりあえず1枚、原画取り込んで一からCG仕上げることができましたので、復活宣言です(^^)。

 ※文中のセリフは、解る人には解る「修羅の刻」です。「治りました」という言葉を聞くといまだにコレが脳裏に(笑)。

どうする?どうなる? マシントラブル
2005/10/04(火) 01:31 
 CGマシンがイカレたっぽいです orz
 先日のラクガキを描いてUPした直後にシステムがおかしくなりました。OSは落ちてないのに、HDDにアクセスにいけなくなって事実上フリーズする状態に。再起動すると、IDE・0番のチャンネルのマスターが「NONE」(見つからない)という表示になります。HDDクラッシュか!?

 もちろんHDDのエラーでなくマザボが死んでる可能性もあるので、OSがまともに立ち上がらない状態をおして悪戦苦闘のチェック。IBMのHDDチェック用プログラム(CD-ROMブートするヤツ)で検査したところ、やっぱ赤画面がでました。

 いずれにしてもOSの立ち上がるHDDがないとなにもできないので、とりあえず今日、秋葉原で160GBのHDD(ATA100)を買ってきました。

 じつは使っているマザボが3年前ので、HDDの32GBの壁を越えられませんでした。壊れた(とおぼしき)HDDは80GBのものですが、これは1パーテションが32GBを超えないように3つに区切ってムリムリ使っていたんですね(^_^;。

 せっかくなのでなんとか大容量HDDが積めないかと、昨日ネット上でいろいろ調べました。マザボの公式サイトにはボクの使っている形式の最新BIOSというのが置いてなかったんですが、似た形式のページのURLを削ったところ、なんと去年更新されたの最新のものが出てきましたよ(笑)!
 いやぁ、やってみるもんだ(^_^;。

 フロッピードライブもずいぶん前から壊れているので、CD-RWでなんとかブートディスクを作成し、BIOSのアップデートを成功させました。バージョンはF5からいきなりF8にステップアップです(^^)。これでたぶん最新の大容量HDDもフツーに認識するに違いない!

 でもって、新しく買ってきたHDDをつないだところ、Xpのインストールが途中でエラーを出して止まってしまいます。しかも、HDDのチェックに行くステップのたびにウェイトが発生するんです。どーもおかしい。
 もしや……と思い、全部のIDEデバイスをいったん外して0番でなく1番のチャンネルにHDD1台とCD-ROMドライブをそれぞれマスターとスレイブに繋いでみたところ……。

 Xpインストールが無事進行(´Д`;)。

 なんやて! マザボの故障かいな!
 えー、一応最低限のシステムを入れ終わったところでCD-ROMドライブを外して旧HDDをスレイブに接続。コピーを始めたところ……勝手に回転が落ちてデバイスがダウンする現象も起きず(!)、データバックアップ着々と進行中!
 やっぱりHDDの故障じゃなかったっぽい(´Д`;)!
 変な電源の落ち方してたもんで、マザボのせいで結果的ににシステム領域を物理的に破損させた可能性はあるものの、どうやらデータロストという最悪の事態は回避できた模様(・∀・)。

 0番のチャンネルが使えないということになると、2つのIDEデバイスしかつなげませんから、HDD1台にCD-ROMドライブ1台という構成に必然的になってしまいます。ですから今回、大容量HDDを買ってきたことは結論から言うと無駄にはならないんですが、まあもう1チャンネルもいつ壊れるかわからない不安を抱えながら使うことになりますね(^_^;。

 ……とか思ってたら、しばらく使ってるうちに案の定もう一方のチャンネルもおかしくなってきました。同様の症状が出て、新しいHDDも認識しなくなる現象が(T_T)。これ以上HDDの方を壊さないように作業終了。

 うーむ。やっぱりマザボがダメになってるみたいです。そんな直感はあったんだよなぁ。くー、買い直しかぁ orz

 不幸中の幸いというか、今使っているCPUとHDDが、いまだに店のラインナップにあるというところですね。マザボも比較的新しいのが手に入るのではないかと思います。全取っ替えだとキツいですが、最低限の交換で済みそうです。まだわかりませんけどね(´・ω・`)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。